BMWのチューニングメーカーじゃなく独立した自動車メーカー! 日本カー・オブ・ザ・イヤー部門賞も受賞した「アルピナ」とは (1/2ページ)

BMWのチューニングメーカーじゃなく独立した自動車メーカー! 日本カー・オブ・ザ・イヤー部門賞も受賞した「アルピナ」とは

「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞

 蓋を開けてみればスバル・レヴォーグの圧勝だった2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)。従来のCOTYは、部門賞も含めて年間に販売される台数が規程されていました。しかし今年度からはその規程が外され、少量販売車でもエントリーが可能となりました。そうしたなか、はじめてのエントリーで部門賞初受賞という快挙を成し遂げたのが「BMWアルピナB3」でした。

【関連記事】「ポルシェ911 RSR」2台を1週間で完璧レストア! ワークスチームの仕事ぶりがスゴすぎた

初エントリーで部門賞受賞という快挙を成し遂げた「BMWアルピナB3」画像はこちら

BMW社の保証が付く独立したメーカー車両

 アルピナのロゴマークには、ウェーバーのツインチョークキャブレターとクランクシャフトがデザインされていて、そのルーツを語っています。このため、BMWのハイパフォーマンス部門であるとか、BMWを使ったチューニングカーであるとか思っている方が多いのですが、それはちょっと違います。アルピナのロゴマークには、ウェーバーのツインチョークキャブレターとクランクシャフトがデザインされている画像はこちら

 もともとはチューニングメーカーでしたが、現在のアルピナはドイツの自動車メーカーとして登録されている企業です。アルピナ車はBMWから車両提供を受けて、自社ブランドのクルマとして完成させています。このためアルピナはBMWの車台番号を消去し、自社の車台番号を打刻しています。面白いのはそうした形式を取りながらもBMWの保証も適用されるということです。アルピナ車はBMWから車両提供を受けて、自社ブランドのクルマとして完成させている画像はこちら

日本の代理店社長はレジェンド・ドライバー

 日本でのアルピナは「ニコル・オートモビルズ」という企業が正規代理店となっています。ニコル・オートモビルズは1979年からアルピナ車の輸入販売を開始、2020年11月までに累計5655台。なにしろドイツ現地での生産台数が年間2000台に満たない少量生産メーカーなのですから、累計販売台数の少なさも納得がいきます。日本でのアルピナは、「ニコル・オートモビルズ」という企業が正規代理店となっている画像はこちら

 ちなみにニコル・オートモビルズの社長であるC.H.ニコ・ローレケ氏は、かつてニコ・ニコルという名前で日本のレースに出場。F2レースや富士グランチャンピオンシリーズで活躍し、多くのファンを持つレジェンド・ドライバーです。ニコル・オートモビルズの社長であるC.H.ニコ・ローレケ氏は、かつてニコ・ニコルという名前で日本のレースに出場していた画像はこちら

画像ギャラリー