ユーザーへの良心の塊! キックス&ルークスにインパルが「選べるエアロ」を設定したワケ (2/3ページ)

見た目はさりげないが実質を伴うエアロ群やIMPULエンブレム

 加えて、グリル上のガーニッシュには「IMPUL」のブランドロゴをあしらう「インパルエンブレム(税別7000円)」もセットされている。

【関連記事】マツダの「伝家の宝刀」! 名機の誉高い「13Bロータリーエンジン」進化の足跡

インパルエンブレム画像はこちら

 面白いのは、これらは全て別々のパーツであるため、ユーザーの好みに応じて装着するアイテムを選べるということだ。購入者には「全部乗せ」ならぬ「全パーツ乗せ(装着)」を選ぶ人が多いそうだが、中にはアンダースポイラーだけを選ぶとか、ボンネットフィンだけ付ける人など様々。幅広いユーザーの好みやスタイルにマッチすることが人気を呼び、発売直後から毎日注文が殺到、現在バックオーダーをかかえるほどの売れ行きだという。インパルボンネットフィン画像はこちら

 スーパーフォーミュラやスーパーGTなど、国内最高峰レースにも参戦するインパル。リアセクションには、そのノウハウを投入し、空力性能が向上するパーツも開発した。ルークス ハイウェイスターに装備された大型のリアルーフスポイラー周辺に装着するパーツ群がそれだ。インパル ルークス用エアロリヤビュー画像はこちら

 パーツには、リヤガラス後端の左右に付ける「リアサイドスポイラー(左右セット・税別2万円)」、ルーフスポイラー下部の左右に取り付ける「リアルーフサイドガーニッシュ(左右セット・税別2万2000円)」がある。リアルーフサイドガーニッシュ画像はこちら

 背が高い軽スーパーハイトワゴンでは、走行風がリアゲートの方に巻き込むことで、どうしても車体がぐらつく場合がある。そこで、これらパーツを装着することで、風を真っ直ぐ後方へ流し、走行安定性をぐっと向上させるのだ。もちろん、見た目のアクセントも抜群。バンパー下に装着する「リアアンダースポイラー(税別4万円)」と相まって、さりげないスポーティ感を演出する。リアアンダースポイラー画像はこちら

 ちなみに、これらエアロはよりリーズナブルなセットも用意されていて、全6点を揃えたセットBでも14万9000円(税別)という価格を実現。また、全て塗装済みのため、装着時の手間や工賃が安くすむというのも人気の秘密だ。

キックス用はリヤのパーツが選べる

 キックス用エアロでは、純正バンパーに装着する「リアハーフスポイラー」が注目だ。センター部と左右のサイド部が別々に分かれており、こちらも求めるスタイルや好みで選ぶことができるという特徴を持つ。キックス用リアハーフスポイラー画像はこちら

 センター部(塗装済みで税別4万円)には、空力にも優れるディフューザー形状を取り入れつつ、プロテクター感も出すことでSUVらしさも演出する。キックス用リアハーフスポイラーはディフューザー形状画像はこちら

 また、バンパーの左右に装着するサイド部(塗装済みの左右セットで税別5万2000円)は、ダクト風の形状によりレーシーな雰囲気も醸し出す。ユーザーは、センターのみの購入でも良し、サイド部も加えることでさらにスポーティさを増すも良しといったセレクトができるのだ。バンパーの左右に装着するダクト風のサイド部分画像はこちら

 キックス用エアロには、ほかにもフロントバンパー下部に装着する「フロントアンダースポイラー(塗装済みで税別5万8000円)」、左右サイドステップ後端に装着する「サイドステップガーニッシュ(塗装済みで税別3万8000円)も用意。キックス用フロントエアロ画像はこちら

 いずれも、ワンピース構造ながら、塗り分けや立体的な形状により、レーシングマシンのような様々なパーツをセットした感覚が味わえる。

 なお、リアハーフスポイラーも含めたこれら4点セット(塗装済み)で税別17万5000円という、こちらもリーズナブルな価格を実現しているのも魅力だ(エアロ4点にはそれぞれ未塗装品もある)。サイドステップガーニッシュ画像はこちら

画像ギャラリー