あまりに行きすぎた「GT-R部品価格」高騰の闇! 騙されたくない人に伝えたい真実 (1/4ページ)

あまりに行きすぎた「GT-R部品価格」高騰の闇! 騙されたくない人に伝えたい真実

第2世代GT-Rの中古車が人気! その光と闇

 今なお高い人気を誇る日産スカイラインGT-R。特に第2世代GT-Rは中古車価格が高騰し、注目を浴びている。だが、人気の影で純正部品の価格も上がっており、その結果「逆コンプリートカー」という謎の? 個体も出回っていることを知っているだろうか? 第2世代GT-Rと純正部品を取り巻く現状と、失敗しないGT-R中古車の選び方を指南する。

GT-Rの中古車価格が高いのは珍しい話ではない

 クルマ好き永遠のアイドルである日産GT-Rシリーズ。特に人気なのは、R32〜R34までのいわゆる「第2世代」と呼ばれるモデルだ。昨今、他メディアで多数報道されているのは、「第2世代GT-Rの中古車価格高騰」である。同世代最後のモデルであるR34は、あっという間に1000万円オーバーに突入。希少な限定モデル「ニュル」は3000万円というプライスタグを掲げている店舗も存在する。

【関連記事】スカイラインGT-Rオーナーに人気の足まわり&タイヤは? アンケート調査でわかった「人気ブランド」とは

第2世代GT-Rの中古部品価格が高騰中。本当にしっかりした中古GT-Rを手に入れるにはどうしたら良いか画像はこちら  だが、ちょっと待ってほしい。GT-Rの中古車価格が高かったのは今に始まった話ではない。

 第2世代GT-Rが現役だった頃、ハコスカ、ケンメリの「第1世代」も、決して安くはなかった。90年代後半、程度の良いハコスカGT-Rで500〜600万円程度と、新車で販売されていたR34とほぼ同じだった。翻って現在、R35の新車価格はスタートが約1100万円、GT-R NISMOに至っては2400万円を超えているが、R34の中古車価格も拮抗してきたというわけ。「旧世代GT-Rの中古車価格が現役時代の新車価格並」というのは、ある程度予測できた事態だ。

中古車業者が「GT-Rは儲かる」と考える理由

 上記の話は、決して「程度極上の個体」に限った話ではない。「程度がそれなり」の各世代のGT-Rでも、同年代の国産中古車ではあり得ないくらいの高値をキープしていた。
 数年前、某大手中古車販売店の代表は、90年代後半当時の状況を振り返りこう語っていた。

「ボロボロのR32、R33GT-Rでも、200万、300万円で飛ぶように売れていくのを間近で見て『これは商売になる』と確信しましたね」

第2世代GT-Rの中古部品価格が高騰中。本当にしっかりした中古GT-Rを手に入れるにはどうしたら良いか画像はこちら つまり、中古車業者にとってGT-R、特に今なお人気の高い第2世代GT-Rは「とても美味しい車種」ということなのだ。

 だがここへ来て第2世代GT-Rは、これまで経験したことがない事態に突入している。それは車両本体ではなく「第2世代GT-Rの中古部品価格の高騰」による業者の暗躍。そして、第2世代GT-Rの「逆コンプリートカー」という闇だ。

画像ギャラリー