あなたは「モモ」派、「ナルディ」派? 昭和のクルマ好きが「ハンドル交換」したワケ (2/2ページ)

マニアから注目された「モモ」と「ナルディ」

 そんなステアリングホイールで人気を二分していたのが「モモ」と「ナルディ」。いずれもイタリアのブランドで、モモはF1を始めとしたモータースポーツシーンで広く名を知らしめたのに対し、ナルディはランチア、フェラーリといった名門自動車メーカーが採用することで、マニアから注目されるようになった。

【関連記事】「豆腐屋のハチロク」を86後期で完コピ! 今ドキ女子が「86&BRZ」にどハマりした理由って何?

ナルディのカタログ画像はこちら

 ちなみに“momo”の名はレーサーであり創業者のGianpiero MorettiとサーキットのMonzaに由来、ナルディのシンボルマーク“ND”は創設者Enrico NardiとそのビジネスパートナーRenato Daneseの名からとったものだ。モモのカタログ画像はこちら

 ところで日本でも70年代に入った頃にはモモとナルディはマニアの間で“どちら派か”が話題になっていた。……そう書くといささか大袈裟だが、少なくとも筆者が運転免許を取った1977年頃、クルマ好きのまわりの友人はこぞって(競って?)自分のクルマのステアリングホイールをモモかナルディ(パーソナルという友人もいた)に替えていた。

 概ねスポーティで走りの指向が強い友人はモモ、雰囲気重視ならナルディといったところか。筆者は自分のクルマがいすゞ117クーペだったので、イタリアンクーペの雰囲気を楽しむためにナルディを合わせ、初代ピアッツァ・ネロや中古で買った初代シロッコではセンターパッド付きのmomoを付けたりした。モモのカタログ画像はこちら

「ナルディ」は繊細なステアリングフィールが伝わるのが特徴

 ナルディは3本スポークのデザインがおなじみだが、サイズ(33、36、38cm)やウッドかレザーか(レザーもブラックのほかに確かキャメル色などあった)、スポークはどのタイプか(ポリッシュ、シルバー、ブラック)と、案外と選択肢は広かった。ナルディはリムがやや細身で、いかにも繊細なステアリングフィールが伝わるのが特徴。後にラインアップ、デザインを拡充させ、ジウジアーロデザインのモデルなどもあった。ナルディのカタログ画像はこちら

「モモ」はドライビンググローブを嵌めてしっかり握りながらクルマを走らせる

 一方でモモは、モータースポーツ由来らしくリムはやや太めで断面形状もほぼ新円、しっかりしたステッチがレザーの表面からやや浮き上がっていて、どちらかというと素手よりドライビンググローブを嵌めてしっかり握りながらクルマを走らせる……そんなタイプが多かった。

 代表的なのは丸穴開きのT字型3本スポークや、センターパッド付きの“コブラ”などが人気モデル。ほかにポルシェデザイン、ピニンファリーナ、ベネトンなどのコラボモデルも。またシフトノブも多数のラインアップが用意され、今でも人気がある。モモのカタログ画像はこちら

 よく言われるように、ステアリングホイールはクルマの運転中に常に触れているパーツ。だから機能的に重要だが、自分とクルマとの接点としても大事なもの。だからこそクルマ好きなら、自分と愛車の関係性をより深めたい思いから、好みのステアリングホイールを選ぶのかもしれない。

画像ギャラリー