実は隠れた名車!? 200万円以下で買える激辛ホットハッチ「マーチニスモ」の魅力 (1/2ページ)

noteで書く
実は隠れた名車!? 200万円以下で買える激辛ホットハッチ「マーチニスモ」の魅力

ニスモはマーチブランドのイメージを守る最後の砦!?

 日産自動車でもっとも長い歴史を持つコンパクトカー「マーチ」の元気がない。「日本カー・オブ・ザ・イヤー」「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」のトリプル受賞を果たした2代目、そのデザイン力で世界中を魅了した3代目など日本を代表するお洒落系スモールの1台であった。

 しかし、4代目は少々苦戦している。販売低迷の理由はいくつかあれど、一番はスタートダッシュでつまずいてしまったこと。日産は改善を試みているのだが、一度ついたイメージの脱却は難しかったというのが現状だ。そのマーチのブランドイメージ失墜を瀬戸際で踏みとどまらせている(!?)のが日産/ニスモが手掛けたコンプリートカー「マーチNISMO」である。

日産/ニスモ/オーテックのあらゆるノウハウを活用して誕生

 マーチNISMOの登場は2013年。「ニスモの魅力をより多くの人に」「日産車にはなかったワクワクを」世界に発信するブランド(ロードカー)戦略の第3弾としてデビューした。

マーチニスモの走り

 開発と生産は日産/ニスモ/オーテックの3社の共同作業で、コンセプトや目標性能、装備、そしてデザインはニスモが担当。とくにデザイン(エアロパーツ)は、GT500(スーパーGTレース)のレーシングカー・デザイナーとも連携して生産車に落とし込んでいる。

オーテック本社

 そこで決められた目標性能やデザインをいかに再現するかを検討、商品化するのがオーテック。適切な価格で提供できるか、保証を付けられるかについてもオーテックで検討される。できあがった試作車はニスモに委ねられ、最終確認するというのが開発の流れ。

 生産についても過去にニスモが手掛けていたコンプリートカーのように、量産車にあとから架装するのではなく、日産自動車の工場ライン/協力工場で組みあげる体制を敷くことで、ハイパフォーマンスと低コスト、継続生産を実現している。タイで生産されるマーチはほかのロードカーよりもさらにその工程は大変で、オーテックによると「タイの日産工場ラインで装着するもの、タイの協力工場で組み付けるもの、日本に持ち込んでから取り付けるものという3段階の工程を踏んでいる」とのことだ。

NISMOとNISMO Sで一文字しか変わらないが中身は大違い

 そんな複雑なプロセスを経ていながら、価格が200万円以下(NISMO:163万3500円、NISMO S:187万6600円)に抑えられているのは、バーゲンプライス以外の何物でもない。これもマーチNISMOの魅力のひとつといえる。

ニスモSのエンブレム

 グレードはエアロパーツや内装に手が加えられたドレスアップ仕様のNISMOと、それに加えて専用の1.5Lエンジン/ECM/サスペンション、ボディ補強、ブレーキ、排気系などが装着されたパフォーマンス仕様のNISMO Sのふたつ。前者がCVTで後者が5速MTなので見分けがつくとは思うが、単なるエンジンやミッション違いではないので注意が必要だ。

ニスモSのエンジン

 走りに関しては基本設計が10年以上前なので、パフォーマンス面や完成度で見れば現行ホットハッチのリーダーといえるスズキ・スイフトスポーツやトヨタGRヤリスにおよばない。両車のようにハンドリングと快適性を両立させるにはベース車の基礎体力を上げるしかない。パワーも1.5Lで116ps。チューンドエンジンでありながらリッターあたり80psに満たないのは、スペック的にも正直見劣りするだろう。

noteで書く

画像ギャラリー