「タイプR」でも「SiR」でもないのになぜ? 新型シビックに6速MTが採用された理由とは (1/2ページ)

noteで書く
「タイプR」でも「SiR」でもないのになぜ? 新型シビックに6速MTが採用された理由とは

ホンダらしさへの原点回帰

 ホンダは、ハッチバックスタイルの11代目シビックを2021年9月3日に日本国内で発売する。昨今、日本を含めグローバルで電動化シフトが進むなか、新型シビックの初期設定モデルは1.5L VTECターボのみとなり、CVTのほかに6速MTの設定がある。電動化については、フィットやヴェゼルで採用している2モーター式ハイブリッドのe:HEVを2022年に導入するほか、待望のタイプRも登場する。

気持ちいい走りを存分に味わってもらうため

 それにしても、なぜホンダはシビックノーマルモデルに、先代モデルに続き6速MTを設定したのだろうか? 背景には、大きくふたつの理由があると考えされる。

【関連記事】ガレージのツールもデザインにこだわる時代! シックなマットブラックのエアコンプレッサーが「DEEN.J」から発売

シビックの6速MT画像はこちら

 第1の理由は、「VTECターボをしっかり味わってほしい」というホンダのエンジニアの純粋な思いだ。

VTECターボエンジン画像はこちら 思い起こせば数年前、栃木県内のホンダ四輪開発拠点で行われた報道陣向け技術説明会“HONDA Meeting”に参加した際、本田技術研究所の幹部は「ホンダらしさの原点回帰のため、VTECターボを投入する」と誇らしげに語っていた。

 その時点でもe:HEVの研究開発は行っていたが、それと同時に“これからのホンダはどうあるべきか”についての社内協議も進んでいた。こうした経緯で市場導入されたVTECターボでホンダらしい走りを実現するためには、6速MTは必須となった。

新型シビックの走りイメージ(赤)画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー