ツインリンクもてぎをカートで全開! 女子ジャーナリストが「K-TAI 2021」に参戦して感じたこと (1/3ページ)

noteで書く
ツインリンクもてぎをカートで全開! 女子ジャーナリストが「K-TAI 2021」に参戦して感じたこと

カート初心者女子でも楽しめる「K-TAI」に参加してみた

 2021年8月1日、ツインリンクもてぎで開催されたカートの耐久レース「2021 もてぎKART耐久フェスティバル“K-TAI”(以下K-TAI)」に、ドライバーとして参加した。そんな筆者は、カート初心者。K-TAIに参加するのは今年で3年目となるが、カートに乗った回数自体もほぼ同じくらいという経験値だ。先川知香 そんなカート初心者の私でも参加できてしまうのが、K-TAIの1番の魅力だと思う。しかも超初心者が、国際レーシングコースであるツインリンクもてぎの本コースを走れるという、かなり貴重な機会でもある。

K-TAI2021

そもそもK-TAIってどんなイベント?

 K-TAIは、エンジンの排気量ごとにエントリー可能なクラスが分けられており、今回私が参加したのはクラス2。ホンダ製GX270、スバル製EX27、KX21、Robin製KX21R、BRIGGS&STRATTON製XR1450エンジンを搭載するクラスだ。そのなかで、私たちのカートにはホンダのGX270エンジンが搭載されていたが、そもそも草刈り機などにも使用されている4ストロークの汎用エンジンのため、ノーマルだと初心者にも扱えるレベルの程よいパワーが魅力となっている。GX270 このほかにも、ホンダ製GX200、GX200SP、スバル製EX21、EIKO製EX21E、ヤマハ製MZ200、BRIGGS&STRATTON製206エンジン搭載カートで参加可能なクラス1や、ヤマハ製MX300RKC、BRIGGS&STRATTON製WORLD FORMULAエンジンで参加可能なクラス3。

 さらに今年から新設された電気モーター、バッテリーによって駆動する電気カートが参加可能なクラスEからなる全4クラスが設定されており、それぞれのチームが、各クラスのレギュレーションに沿ったルーティーンでドライバー交代をしながら、7時間の周回数を競うのだ。 K-TAI 2021

 今回装着したタイヤはヨコハマのカートタイヤ「ADVAN ED」。耐摩耗性を重視したコンパウンドで、7時間もの長丁場に備える。タイヤサイズはクラブレーシングで出走した4台のうち、ドライバーの技量、フィーリングに合わせて下記のタイヤ幅を組み合わせて使用した。

○フロント
・Z6176/4.5×10.0-5 ED Y801
・Z6082/3.6×10.5-5 ED Y801
○リヤ
・Z6083/6.0×11.0-5 ED Y801
・Z6177/7.1×11.0-5 ED Y801AヨコハマADVAN ED

 私が参加させてもらったのはメディア横断チームの「クラブレーシング」で、チームとしては4台を出走。私がドライブしたのは、ゼッケン96番の「クラブレーシング・ドゥ」だった。

 ドライバー構成は同チームの事務局長で映像制作会社ピーディックの伊藤 毅さん、セキショウホンダの中島一樹さん、Auto Messe Webの加藤さん、そして私、先川の計4人。チーム監督は、山崎憲治さんだ。クラブレーシング 今回、自分に課した目標は「チェッカーを受けるまでスピンをせずに、無事次のドライバーにマシンをバトンタッチする」こと。目標の低さに驚いた人もいると思うが、これが意外に難しいのである。

バイクとは異なるコーナリング時の「重心のかけ方」

 カートをスピンさせない走り方は、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を同時にしないこと。急ブレーキをかけないこと。そんな、どこかで聞いたうる覚えの記憶を、必死で心がけながら4.801kmのもてぎのフルコースを夢中で走るも、周りとの速度差があり過ぎて、集団に抜かれるたびに、恐怖を感じてしまう。K-TAI 2021 速度差の理由は、コーナーごとに速度を落とし過ぎていることであると自分でも明確に理解はしているのだが、スピンを恐れるあまり、どうしてもハイスピードのままコーナーに進入できないのだ。K-TAI 2021 当たり前だが、カートにはパワステもABSも付いていない。それだけなのに、排気量にして約300cc程度の4輪車を操ることが、こんなにも難しいのかと。1回目のスティントは、ただただサインボードに「PIT IN」の表示がでるまで、必死で周回をしたという記憶だけが残っている。

 なんとか無事にピットに戻ると、そんなコース上での私のヤバすぎる走りを見ていたチームの先輩が、「コーナーで体が内側に傾きすぎてる。その姿勢を直すだけでだいぶ速くなよ」とアドバイスをくれた。確かにコーナリングでは「曲がれ~!」と全身全霊で曲がりたい方向に重心をかけていて、ほかのドライバーよりかなり自分の体が傾いている自覚はあった。それは、以前から趣味でサーキットを走っている、バイクでのコーナリングの経験から来るものだった。先川知香「そうか、コーナリングでの重心のかけ方は、バイクとカートでは違うのか」そこから、頭はセンター固定で重心は外側にすることをコーナーごとに意識をしてバイクの癖を修正。すると、周回を重ねるごとに1秒、2秒とラップタイムが縮まっていき、最終的には約12秒も短縮することに成功したのである。しかも、全体的なスピードのアベレージは上がっているはずなのに、恐怖心は減少するという不思議な感覚を感じることができた。先川知香 バイクはタイヤが2つしか付いていないから、曲がりたい方向にトラクションをかけて、タイヤと地面の接地面積を増やしながらコーナリングをすると、安定して曲がることができる。だがカートは、コーナーの内側になるタイヤのグリップ力をトラクションをかけて増やしてしまうと、外側2輪がグリップを失うような不安定な感覚に襲われ、恐怖を感じることになるのだ。

 だから、トラクションをかけるのはアウト側。バイクとカートでは単純に、自分の体を使ってトラクションをかける方向が逆だったのだ。そしてその事実を知ることができただけで、コース上を走行している際に感じていた、速い集団に抜かれる時の恐怖を一気に減らすことができた。先川知香 気が付けば、自分なりにブレーキングポイントやアクセルを踏んでいくポイント、走行ラインなどを工夫しながらタイムアタックをする余裕まで、できていた。

 いくら、初心者でも参加しやすいレギュレーションが考えられていても、それぞれの乗り物の基本的な走り方を知らなければ、危険度は増してしまう。操作の基本を知っているということは、安全性を担保するためにも必要なことなのだ。そこを、チーム単位なのか、主催者単位なのかで考えることができれば、K-TAIはさらに参加者全員が楽しめるイベントとなるのではないだろうか。

noteで書く

画像ギャラリー