走りも使い勝手も良かった佳作ミニバン!「エクシーガ」が今こそ復活すべき理由とは (1/2ページ)

走りも使い勝手も良かった佳作ミニバン!「エクシーガ」が今こそ復活すべき理由とは

この記事をまとめると

  • ミニバンのイメージがないスバルにもあった7シーターのエクシーガ
  • ステーションワゴン感覚で運転できる取り回しと居住性が自慢
  • 走りの象徴とも言えるSTIコンプリートカーもラインアップした

ステーションワゴン感覚で運転できる取り回しの良さが魅力

 エクステリアは4代目レガシィをひと回り大きくした印象で、ミニバンというよりもステーションワゴンのような洗練されたルックスで7名乗車を可能としながらも、日常の取り回しも扱いやすかった。それでいて、室内はしっかりと大人7人が乗車することができる空間を確保、モデル末期にはSUVスタイルを取り入れたエクシーガ・クロスオーバー7も登場した。クロスオーバー7 そして、エクシーガ最大の特徴ともいえるパワートレインは、スバル自慢の2.0L水平対向4気筒エンジンの「EJ20ターボ」、同2.0L NAのほか、のちにEJ25やFB25といった2.5Lエンジン搭載車も追加設定された。2.0L水平対向4気筒DOHC EJ20ターボ 駆動方式はAWDのほかFFも用意されていたが、トランスミッションは5速AT、4速AT、リニアトロニックCVTと当時のスバル車としては珍しくMTの設定がなかった。ゆえにパーキングブレーキも全車足踏み式であった。

画像ギャラリー