いま安く買えるのは奇跡! V35スカイラインとZ33フェアレディZの中古を狙うべき理由とは (1/2ページ)

いま安く買えるのは奇跡! V35スカイラインとZ33フェアレディZの中古を狙うべき理由とは

この記事をまとめると

  • 日産を代表するスポーツカー「スカイライン」と「フェアレディZ」
  • V35とZ33は中古車価格も手ごろでベース車に最適
  • どちらも大きなボディながら軽快な走りを楽しめる

大きなボディとは思えない軽快な走りが楽しめる!

 いま日産の中古車で一番狙い目といえるのが、V35スカイラインとZ33フェアレディZ。V35のスカイラインクーペは、スーパーGTの日産ワークスドライバー、松田次生選手がプライベート練習車にしており、サーキットを走る姿を雑誌や動画でみたことがある人も多いだろう。

伝統の直6に別れを告げて新世代に進化したV35スカイライン

 V35は直6エンジンを搭載した、R32、R33、R34スカイラインのあと、V6エンジンにスイッチ。路線もガラリと変わったので、当時はスポーツ指向のスカイラインファンからはそっぽを向かれた節がある。だが、それゆえ中古車価格が安いという魅力がある。現在の相場でV35スカイラインクーペは、78万円前後である。

【関連記事】アバルト史上最高の美しさに異論なし! 速さも圧巻だった「アバルトOT1300」という名の宝石

スカイラインクーペスタイリングイメージ画像はこちら

 この価格ながら、フロントミッドシップ(前後重量配分53:47)のFRで、6速MT。ブレーキはブレンボが標準(6速MT車)となり、サーキットを走らせるとホンダのS2000ともいい勝負ができるのだからパフォーマンスは上々だ。1.5トンの車重や280psの3.5L V6 DOHC VQ35DEエンジンなどのスペック、そしてスタイリングからすると想像しづらいかもしれないが、じつは直線よりもコーナーでタイムを稼ぐコーナリングマシン。だから走って楽しいし、練習になる。

VQ35エンジン画像はこちら

 基本的にブレーキパッドと冷却系さえチューニングすれば、サーキットも難なく走れるのでライトチューンで全然OK。シートやLSDまでやればもう言うことなし。NAエンジンなのでランニングコストがかからないのも魅力だ。

スカイラインクーペの走り画像はこちら

画像ギャラリー