見た目に反して積めない! アウトドアで大荷物派は避けるべきラゲッジ狭めのSUVとは (1/2ページ)

noteで書く
見た目に反して積めない! アウトドアで大荷物派は避けるべきラゲッジ狭めのSUVとは

この記事をまとめると

  • アウトドアに最適な人気SUVとは?
  • 優劣は荷室奥行き寸法で決まる
  • 荷室開口部の段差の有無も考慮したい

ラゲッジ容量のキモは荷室フロアの奥行き寸法で決まる!

 その基準だが、後方視界を確保することが安全運転の基本と考えれば、荷室に高々と、リヤウインドウの視界を遮るように荷物を積むのはNG(※デジタルルームミラー付き車なら別の話)。だから、荷物の積載性のキモは、荷室の高さ方向というより、フロアの奥行き寸法が重要になる。ロッキー(荷室)

 フロア幅はどのクラスでも1000mm前後と大きく変わらず、荷室高をうんぬんするのも、天井がいくら高くても天井ギリギリに荷物を積むのは、くどいようだが後方視界の妨げになり危険だからである。ちなみに、全長やホイールベースのサイズによって優劣が生じてしまうため、後席格納時の最大奥行き寸法については割愛させていただく。

コンパクトクラスでも荷室の奥行きは800mm近くほしい

 では、後席使用時の荷室フロア奥行きが比較的狭いSUVは何か? まず、コンパクトクラスではスズキ・ジムニーシエラの200mm(ちょっと特殊)、スズキ・クロスビーの最大525mm(後席スライド前端位置)、マツダCX-3の645mm(デッキボード上段、下段は780mm)、トヨタ・ライズ&ダイハツ・ロッキーの755mmが当てはまる。コンパクトSUV(荷室比較)

 ただし、ロッキー&ライズのガソリン車の場合、床下には80Lものサブトランクを備えているから、上下2段を使えば下克上的な荷室収納力を発揮する。ジムニーシエラは走破性には優れているものの、大荷物を積んで出かけるには、後席を倒して荷室を拡大して使うことが前提となるだろう。ライズ(床下収納)

 ちなみにコンパクトSUVでも荷室の奥行きがたっぷり取られているのは、トヨタ・ヤリスクロスの790mm(デッキボード下段)、スバルXVの810mm、トヨタ・カローラクロスの830mm、マツダCX-30の890mm、日産キックスの890mmなど。800mm前後を超えると荷物の積載能力、荷室の使い勝手がグーンと増すと考えていい。コンパクトSUV(優秀荷室比較)

noteで書く

画像ギャラリー