スバルもトヨタもこだわりすぎだろ! 見た目じゃわからない「GR86」と「BRZ」のマニアックな相違点とは (1/2ページ)

スバルもトヨタもこだわりすぎだろ! 見た目じゃわからない「GR86」と「BRZ」のマニアックな相違点とは

バンパー形状だけじゃないBRZとGR86の相違点とは

 2021年7月29日に発表された新型BRZと、2021年10月28日に発表されたGR86。最近ではどちらも街なかで見かけるようになり、納車されたオーナーのSNS投稿も毎日のように目にする。このスバルBRZとトヨタGR86は、初代モデルと同様にトヨタとスバルによる共同開発車であり、兄弟車という位置づけは変わらない。初代モデルはエクステリアやサスペンションの味付けなどでキャラクターの差別化が図られていたが、新型になった両車にも明確な相違点があり、マニアックな視点で2台をあらためてチェックしてみた。

よく見ると空力シボの採用箇所もそれぞれに異なる

 まずエクステリアだが、これはひと目でわかるフロントバンパー形状が異なる。BRZはセンターのロワグリルがスバル車共通のイメージを取り入れたヘキサゴン(六角形)型であるのに対し、GR86はほかのGRシリーズと同じくスクエアな形状となっている。また、フロント左右に設けられたエアインテーク形状も曲線を描くデザインのBRZに対し、GR86は直線的なデザインとなっている。

【関連記事】日産自動車も開発に参加! ニスモのノウハウを注いだデモカー「R35GT-R CRS」の本気度とは

BRZとGR86のフロントマスク比較画像はこちら

 マニアックなところでインテーク部分に用いられる空力シボの模様も、それぞれのモデルが狙った空力特性が異なるため、配置されている部分が異なるのも特徴だ。ほかにも18インチホイール装着車はデザインこそ同一ながら、BRZはマットグレーメタリック、GR86はマットブラックのカラーリングとなる。ヘッドライトについては機能面こそ同一のフルLED式となるが、BRZはスバルのアイデンティティであるコの字型のポジションランプがより強調され、GR86はL字型デザインを採用する。新型BRZのバンパーダクト画像はこちら

インテリア装備ではオートエアコンの制御に大きな違いが!

 インテリアでは、BRZがオーソドックスなブラックインテリアにレッドステッチというスポーツカーらしい組み合わせであることに対し、GR86では最上位グレードの「RZ」にモノトーンのブラックのほか、フロアカーペットやドアトリムにレッドのアクセントカラーが使われる、ブラック×レッドカラーのインテリアカラーもチョイスすることが可能だ。GR86とBRZのインテリア比較画像はこちら

 細かい部分では、BRZはカップカーベーシックを除き、インナードアハンドルがメッキとなるほか、Sグレードにはパワーウインドウスイッチにもメッキ加飾が備わるのがポイント。GR86は全車インナーハンドルが素地でパワーウインドウスイッチはハイグロスブラック加飾のみの設定だ。BRZとGR86のインナードアハンドル比較画像はこちら

 さらにデザインこそ同一ながら、オートエアコンの制御がBRZとGR86では異なる。BRZはほかのスバル車同様にAUTOボタンを押せばすべての制御を完全自動で行う”FULL AUTO”の表示が出るが、GR86はAUTOの表示のみとなる。ちなみにこの制御の違いは初代BRZとトヨタ86でも異なり、各社の空調に対する考え方の違いが反映されている部分といえる。BRZのオートエアコン画像はこちら