予算100万円で荷室の広さ重視ならスーパーハイト軽一択! 広々ラゲッジをもつ中古軽自動車3選 (1/2ページ)

予算100万円で荷室の広さ重視ならスーパーハイト軽一択! 広々ラゲッジをもつ中古軽自動車3選

この記事をまとめると

  • 予算100万円でアウトドア向きの軽自動車がある
  • 4人乗車で荷物の積載能力も高い
  • オススメの3台を紹介

ホンダN-BOX

 予算ありきで考えるとして、まずは王道のホンダN−BOXだ。さすがに2017年8月にフルモデルチェンジした2代目となる現行モデルは難しいが、パッと見、現行モデルとの違いを見出しにくい(あくまで外観の見た目の話です)先代モデルの、それほど古くない2015~最後期型の2017年モデルが予算内に入る。ホンダN-BOX

 そのラゲッジスペースはと言えば、開口部地上高が480mmと素晴らしく低く、重い荷物の出し入れは極めて楽々(2015年のMCで加わった後席スライド機構付きモデルは545mm。いずれもFF)。フロアも後席使用時で奥行き395mm(後席スライドなし)、後席左右分割スライド機構付きは後席のスライド位置によって345~535mmと、一気に拡大することができる。最大幅も1120mmと下手な3ナンバーワゴンより幅広かったりするのである。地上からラゲッジルームまでの高さ

 そしてスーパーハイト系軽自動車ならではの天井高は1200mmもあり、背の高い荷物の積載もOK。さらに後席の座面をハネ上げたトールモードでは、観葉植物などの背の高いものも無理なく積み込める。センタータンクレイアウトを生かした魔法のパッケージングによって、まさに大容量ワゴンといっていい荷物の積載性を誇っているというわけだ。ホンダN-BOXのラゲッジ

 ちなみに、2代目N−BOXで、よりフレキシブルなシートアレンジで荷物の積載性がさらに高まったのは、初代N−BOXの開発陣の悲願が達成された、2015年8月のビッグMC以降の後席左右独立スライド機構を備えたモデルとなる。できればその仕様を探したい。

ダイハツ・タント

 子育て御用達軽というイメージも強いダイハツ・タントもN−BOX同様に、大容量ワゴンとしての荷物の積載力を備えている。現行型は2019年デビューだからまだまだ新しく、予算100万円以下となると、2013年に登場した先代モデルが射程内となる。ダイハツ・タント

 とはいえ、先代モデルでも後席240mmものスライド量を持つのが特徴で、ラゲッジスペースは開口部地上高が580mmと、N−BOXほどではないにしても低め。フロアは後席使用時で奥行き270~500mm、最小幅870mm、天井高1120mmと、さすがのスーパーハイト系軽自動車だけに、高さ方向の余裕が際立つパッケージングだ。ダイハツ・タントのラゲッジ

 そしてもちろん、Bピラーレスのミラクルオープンドアを助手席側に備えているから、スライドドア側からの大きな荷物の出し入れも容易という大きな魅力がある。

画像ギャラリー