スバルも三菱もトヨタもいいけど「ラリーといえば日産」だった! いち早く世界で闘った圧巻の参戦車 (1/2ページ)

noteで書く
スバルも三菱もトヨタもいいけど「ラリーといえば日産」だった! いち早く世界で闘った圧巻の参戦車

この記事をまとめると

  • 世界のラリーに参戦していた日産
  • WRCとなる前は数々の勝利を手にした
  • 歴代参戦マシンを紹介していく

いち早く世界の舞台で本格的に戦った日産

 今年は秋に日本ラウンドが予定されていてファンの関心も高まっている世界ラリー選手権(WRC)ですが、日本勢としてトヨタの活躍が期待されるところです。そしてWRCと言えばトヨタや三菱、SUBARUの活躍が思い起こされますが、海外ラリーで活躍した国産車の先駆けと言えば日産です。まだWRCが制定される前の60年代から、灼熱の大地を駆けるサファリラリーで活躍していた日産の、世界ラリーでの戦績を振り前ります。

クルマを鍛えるために海外ラリーに参戦

 日産が、初めて海外ラリーに挑戦したのは1958年のこと。選んだイベントはモービルガス・トライアルと銘打ったオーストラリア大陸一周ラリーでした。前年に、トヨタが招待されてクラウンで参戦していたために、国産車としての初参戦とはなりませんでしたが、当初から日産車と自分たちのレべルを確認するため一番過酷なイベントに、と選んだのでした。

【関連記事】日本発祥の「わざと滑らせて魅せる」ドラテクが世界中を魅了! いまさら聞けない「ドリフト」の基礎知識

モービルガストライアルに参戦したダットサン210画像はこちら

 2台のダットサン210で挑んだ結果は、2台のうち1台はリタイアしたものの、もう1台は24位で完走を果たし、何とクラス優勝を飾っています。そしてここから日産のラリー活動が本格化していきました。

 日産が次のステップに選んだのはサファリラリー。1953年に始まったクラシックイベントで、モンテカルロ・ラリー、RACラリー(現ウェールズ・ラリーGB)と並ぶ世界三大ラリーとも位置づけられていて、灼熱の大地であるアフリカの道なき道を駆け抜ける過酷なラリーです。

 1963年から挑戦を始めた日産は初年度となったこの年、2台のブルーバードと1台のセドリック、計3台での挑戦でしたが全車リタイアに終わっています。翌64年はセドリック4台で挑み、3台はリタイアに終わったものの1台が20位で完走。65年はブルーバード3台で挑みましたが、3台すべてリタイアに終わっています。

1963年のサファリラリーの様子画像はこちら

 しかし68年には前年に登場した1300SS(P411型)の4台体制で臨み、2台はリタイアしましたが、残る2台が総合5位と6位で完走し、1600ccクラスで見事1-2フィニッシュを果たしています。もちろん国産車初の快挙でした。

 クラス優勝を飾った日産チームの次なる目標は、もちろん総合優勝です。しかし67年はただ1台走り切ったセドリックが総合17位/クラス5位入賞、68年は2台のセドリックが総合5位と7位で走り切りクラス2~3位入賞。67年に登場した3代目ブルーバード(510系)を投入した69年の大会では、地元チームも含めて6台のブルーバードが完走し、最上位は総合3位でふたたび1600ccクラスを制することになりましたが、なかなか総合優勝には手が届きませんでした。

 しかし、その日がついにやってきます。70年の大会ではブルーバード1600SSSが猛威を振るうことになったのです。そしてエドガー・ハーマン組とジョギンダ・シン組が見事1-2フィニッシュを飾るとともに、トップ10フィニッシャーの4台を占める安定した力を見せ、総合優勝とクラス優勝、チーム優勝の三冠を果たしたのです。

1970年のブルーバード画像はこちら

ポルシェやフォードが打倒日産で立ち上がる

 それまで“技術の日産”を標榜していた日産は、その後“ラリーの日産”、“サファリの日産”をキャッチフレーズに快進撃を続けることになります。71年の大会では主戦マシンをフェアレディZ(輸出名はダットサン240Z)に換え、4台のワークスマシンで大会に臨んでいます。

1971年のフェアレディZ画像はこちら

 ポルシェやフォードの海外勢も、打倒ダットサンを合言葉にワークスチームが参戦。スタート直後からZとポルシェは死闘を繰り広げることになりましたが、大詰めに来てポルシェが脱落。ハーマン組とシェカー・メッタ組の見事な1-2フィニッシュにより、前年のブルーバードに続いて日産が連覇を達成。さらにチーム優勝とクラス優勝も飾り、2年連続で三冠を奪うことになりました。

 72年はフォードとポルシェの逆襲にあって5位に留まりましたが73年にはメッタ組の240Zが優勝し、これがデビュー戦となったハリー・カルストローム組のブルーバードU 1800SSSが総合2位で続いています。その後も79年から82年にかけてバイオレットGT(79~81年はグループ2車輌、82年はグループB車輌)が4連覇。あらためて、サファリに強い日産を大いにアピールしています。

1973年のフェアレディZ画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー