軽で攻めるなら「コペン」「アルト」「S660」! チューニングベースの魅力を解説 (1/2ページ)

noteで書く
軽で攻めるなら「コペン」「アルト」「S660」! チューニングベースの魅力を解説

この記事をまとめると

  • ここ10年で盛り上がっていた軽自動車スポーツカー
  • コペン、アルトワークス&ターボRS、S660が人気を競った
  • 中古でも買いやすい今、チューニング目線で3モデルを比較

近年盛り上がりを見せる軽自動車のスポーツモデル&チューニング

 軽自動車のスポーツモデルはじつはここ10年で急速に盛り上がっている。「ダイハツ・コペン」が2世代にわたってラインアップ。「スズキ・アルト」は「ターボRS」が登場し、出ないと噂されていた「アルトワークス」もデビューした。そして、ホンダはミッドシップにターボエンジンを搭載したスペシャルモデル「S660」をリリース。軽においては「走れる素材がない」とは言わせない、充実のラインアップを誇っていた。

 2022年現在、新車で買えるのはコペンだけになってしまったが、それでも中古車市場には豊富にタマがあり、軽スポーツで遊ぶなら今なのである。では、どれにしたらいいのかを改めて見てみよう。

吊るしのまま普段乗りが楽しい「ダイハツ・コペン」

■コスパ:★★☆
■チューニングの選択肢:★☆☆
■ポテンシャル:★★☆

 まずは現行で買えるコペン。現代の軽スポーツで唯一の電動ハードトップ装着車である。S660のルーフ外しが正直現実的ではないのに比べると、ちゃんと「使える」オープンカーだ。しかもハードトップなので閉めれば静粛性も防犯も安心。スペシャリティさあふれる軽オープンスポーツなのだ。

 弱点ではないが、イジって走りの性能を高めるとなると他モデルが有利なのも事実。パーツも多くなく、そもそも残されたキャパシティがそれほど大きくないので、イジったから化けるということはない。

【関連記事】確かに国産ワゴン! だが確実にアメリカン! イジリ倒したクラウン&サニーのワゴンがクールすぎる【34th MOONEYES Street Car Nationals】

ダイハツ・コペン画像はこちら

イジりがいなら「スズキ・アルトワークス&ターボRS」

■コスパ:★★★
■チューニングの選択肢:★★★
■ポテンシャル:★★☆

 イジりがいがあるのはアルトワークス&ターボRSだ。ECUチューンも可能で、タービン交換による大幅なパワーアップが可能。チューニングパーツも豊富で、もともと持っているポテンシャルも高く、それを引き出せば軽とは思えぬ走りを実現する。その実力はラジアルタイヤで筑波サーキット1分8秒台と、「スイフトスポーツ」と大差ないタイムを出せてしまうほどなのだ。

 そして室内の広さも特筆モノ。大人4人が普通に乗れる。リヤに関してはトランクは広くないが、後席足元の広さはスイフトスポーツ以上とも思えるほどで、使い勝手は抜群。

 オートマではなくAGSが設定されるのも特徴。マニュアルと同様のミッションをオートクラッチとオートシフトで動かしているので、シフトのタイムラグを感じる。しかし、つながってしまえばロスが少ないので、高速道路の燃費向上にも期待が持てる。タイムラグもECUチューンでかなり改善することが可能だ。

スズキ・アルトワークス画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー