安くて軽い! 軽でサーキットを走るならまさかの「商用グレード」がオススメだった (2/2ページ)

商用グレードMT車も今後は価格が高騰するかもしれない

 もうひとつのメリットはMT車を見つけやすいこと。軽自動車にしろ普通車にしろ比較的新しいクルマはATが大半で、MTは見つけにくいうえ希少ゆえに価格も高騰しがちだ。ただし商用グレードはMTの比率がまだまだ高く、とくにローパワーな軽自動車ではその傾向が強い。ただし今後は商用グレードもAT(CVT含む)が中心になると思われ、MTで走りたい人は早めに動いたほうがいいだろう。

【関連記事】第12戦でHREタンドラ2台は順調にポイント獲得! 16号車は9位でフィニッシュ【NASCARトラックシリーズ2022】

L275ミラのMTモデルのインテリア画像はこちら

商用グレードは過走行やメンテ不足によるコンディション不良に要注意

 最後は商用グレードの中古車を買うときの注意点をいくつかお伝えしておこう。デメリットは営業車として使い込まれたクルマが多いため走行距離は増えがちで、ボディの色褪せや傷などもある程度は目をつぶる必要がある。もちろんエンジンのコンディションにも注意が必要だ。個人のクルマじゃないだけに扱いがラフになるのは致し方ないが、ずさんな会社で使われていた場合、オイル交換すらマトモにしていない可能性がある。サーキットを走る前にエンジンのオーバーホールが必要……なんて状態では、安く買った意味がなくなってしまう。個人売買にしろ中古車店で購入するにせよ、機関部のチェックはいつも以上に念入りに行おう。クルマのオイル交換画像はこちら

画像ギャラリー