「V12搭載」「跳ね上げドア採用」「300km/h達成」! それぞれ初採用のスーパーカーは何? (1/2ページ)

「V12搭載」「跳ね上げドア採用」「300km/h達成」! それぞれ初採用のスーパーカーは何?

この記事をまとめると

  • スーパーカーの代名詞、V12気筒を初めて搭載したのはフェラーリ
  • 1962年にF1マシンと同じミッドシップレイアウトの市販車が誕生
  • スーパーカーの「初」にまつわる物語を紹介

V12で初のツインカム(4カム)

 フェラーリが1948年に初めて市販したロードモデル、166MMは水冷の2L V12を搭載。ですから、スーパーカーの必須アイテムとされるV型12気筒エンジンは、この時点で実現していたのです。それ以降もフェラーリは、V12を搭載したロードモデルを数多くリリースしています。フェラーリ166MM

 まあこれも当然で、創設者であるエンツォ・フェラーリ御大が「V12を搭載していないロードモデルはフェラーリとは呼ばない!」と豪語したことからも分かるように、フェラーリのロードモデルはイコールV12、ということになるからです。エンツォ・フェラーリ

 そしてフェラーリは、スーパースポーツカーの王座を確固としたものにしていったのです。ところが、そのフェラーリに挑戦状を叩きつけるチャレンジャーが登場しました。それが1963年に設立されたアウトモービリ・ランボルギーニでした。

 彼らの商品第1号は1964年に市販が開始された350GT。前年のトリノショーに出展していた350GTVを改修し、カロッツェリア・トゥーリングでボディを架装したモデルでした。350GTVも350GTも、ともにV型12気筒エンジンを搭載しています。ランボルギーニ350GT

 まだフェラーリもシングルカムでしかなかった時代に、こちらは一歩先んじてツインカム(V型なので4カム)を採用していたのです。ということでスーパーカーで初のV12ツインカムを搭載していたのはランボルギーニ350GTということになります。まさにスポーツカーの王者、フェラーリに立ち向かう勇敢なチャレンジャー、ランボルギーニの最大の武器がツインカムV12だったのです。ランボルギーニ350GT

ミッドシップレイアウト

 ここまでのスーパースポーツは、フロントにエンジンを搭載して後輪を駆動するというのが一般的でした。しかし、F1GPだけでなくスポーツカーレースも戦っていたフェラーリは、そのレース用のGTを一部、ロードゴーイングカーとして市販していました。

 レーシングカーとしては1950年代の終りからミッドシップにエンジンを搭載して後輪を駆動する、いわゆるMRレイアウトが一般的になっていましたが、これはやがてロードゴーイングカーにも波及していきます。市販のロードカーで、最初にMRレイアウトを採用したのはオトモビル・ルネ・ボネが1962年にリリースしたジェットとされています。ルネ・ボネ ジェット

 これにデ・トマソ・ヴァレルンガ(1964年)、ロータス・ヨーロッパ(1966年)とライトウェイトの2シータースポーツが続いてデビューすることになりますが、じつはスーパースポーツカーでもMRレイアウトを採用したモデルが登場しています。

 それが1963年のパリ・サロンでお披露目されたフェラーリの250LMでした。当時、国際マニュファクチャラーズ選手権のタイトルが懸けられていたスポーツカーの世界選手権用に開発されたレーシングGTカーの250LMは、フェラーリ初のミッドエンジン車。1965年のル・マン24時間レースに勝って、LMの名に恥じないものとなりました。フェラーリ250LM

 3LのV12エンジンは、いまだにSOHCでしたが、ピニンファリーナが手掛けた美しい2ドアクーペは今も人気の高い1台です。ただしフェラーリ250LMを、一連のスーパーカーの仲間に入れるかどうかは議論の分かれるところですが……。

 その意味で、スーパーカーで初めてMRレイアウトを採用したモデルは1966年にランボルギーニがリリースしたミウラP400、ということになるでしょうか。先ずは前年の1965年トリノ・ショーにベアシャシーが展示され、V12をミッドシップに横置きマウントさせたことをアピール。ランボルギーニ・ミウラ

 翌1966年に発売されたときにはベルトーネのチーフデザイナー、マルチェロ・ガンディーニが手掛けた流麗なボディデザインも大きな話題となっていました。ランボルギーニ・ミウラ

スーパーカーといえば、ツインカムのV12エンジンをミッドシップに搭載し、最高速はオーバー300km/h。そんなイメージが植え付けられていますが、それぞれ初めて実現したモデルはどんなクルマなのでしょうか? 今回はそんな、スーパーカーの初めて物語を紹介していきます。