クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 安全装備の前に運転しやすさが重要! 高齢者が乗るべき「見切りと視界がいい」クルマ8選
CAR
share:

安全装備の前に運転しやすさが重要! 高齢者が乗るべき「見切りと視界がいい」クルマ8選

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: Auto Messe Web編集部

小型車でおすすめのクルマとは?

トヨタ・パッソ

 できれば、軽自動車でなく、小型車がいい……というなら、このAuto Messe Webで「高齢者が運転しやすい、視界のいいクルマ」として何度も紹介してきたフィットのほかに、パッソがある。トヨタ・パッソ

 運転が苦手と感じる女性ユーザーもターゲットとしたトヨタ最小のコンパクトカーで、1525mmという5ナンバー車の多くが採用する、規格ギリギリの1695mmより幅がないナローボディが魅力的だ。軽自動車並みの最小回転半径4.6mの小回り性、駐車性の良さに加え、往年のミニのようなボンネット左右の膨らみがあり、それが視界に入ることでボディの見切りが一段とつかみやすくなる効果があるのである。トヨタ・パッソ

スズキ・クロスビー

 ミニの話が出てきたところで、なぜ、ミニに人車一体感があるドライブ感覚が得られるのだろうか。じつは、ボンネット左右の膨らみに加え、インパネ奥行きの短さ=ドライバーに対するフロントウインドウの近さ、立ったAピラーが功を奏しているのだ。

 そのあたりを国産コンパクトカーに当てはめてみると、クロスビーが候補に挙がる。クロスオーバーモデルで若々しいデザインだから、高齢者にしてみれば少し乗るのに抵抗があるかもしれない。スズキ・クロスビー

 しかし、前席の着座位置がクロスオーバーモデルらしく高めで、Aピラーが立ち気味かつ最小回転半径4.7mの小回り性の良さ、1670mmの幅狭ボディとボンネット左右の膨らみの合わせ技で、運転のしやすさは文句なしと言っていい。スズキ・クロスビー

ホンダ・フリード

 高齢な両親がおもに運転し、家族も多いというなら、5ナンバーサイズのコンパクトミニバン、ホンダ・フリードもいいかもしれない。ホンダ・フリード

 フロントウインドウ下端はドライバーから遠いものの、ミニバンらしく運転席の着座位置は高く、見下ろし感覚の運転視界で斜め前方の死角、適切な位置にあるドアミラーに寄る視線移動量少なさ。そしてサイド&リヤウインドウの面積の大きさ、5ナンバーサイズのボディもあって、前後左右の車両感覚がつかみやすい1台と言える。ホンダ・フリード

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS