「サンニー」はGT-Rだけじゃない! チューニング業界を賑わせたGTS-tタイプM (1/2ページ)

「サンニー」はGT-Rだけじゃない! チューニング業界を賑わせたGTS-tタイプM

この記事をまとめると

  • 日産スカイラインでもファンの多いモデル「R32」
  • GT-Rが注目されるがFRのGTSも人気が高い
  • ドリフトやゼロヨンなど幅広いカテゴリーで活躍

2LターボとFRという今や希少なパッケージで人気

 チューニングやモータースポーツを好きな人が『サンニー』と聞けば、BNR32型スカイラインGT-Rを思い浮かべる方が大半かもしれない。しかし忘れていけないのは同じく『サンニー』と呼ばれるもうひとつの名車、2000ccと後輪駆動のレイアウトが与えられたGTS-tタイプM(HCR32)だ。

【関連記事】ホンダ初代シビックタイプRは国産ホットハッチの至宝! ハチロクより速かった走り屋御用達マシン

タイプMのノーマルフロント(クーペ)画像はこちら

 新車で約250万円という若者も手が届きやすい価格、2ドアクーペのほかに4ドアセダンも選べる利便性、扱いやすいサイズの5ナンバーということもあり、ストリートやサーキットを席巻する1台となった。当時はどのような仕様が流行ったのか、チューニング誌「ヤングバージョン」の記事とともに振り返る。

タイプMの4ドアセダン画像はこちら

同じ2LターボでもシルビアのSR20よりパワフル

 チューニングのベースとして人気だったのは、価格やFRだからという理由だけじゃない。搭載するRB20DETエンジンは215psを発揮し、同時代のS13型シルビア/180SXを上まわる。直列6気筒の2000ccで低速トルクこそ若干の細さが気になるものの、高回転の吹き上がりや甲高いサウンドはGT-RのRB26DETT譲り。

【関連記事】ホンダ初代シビックタイプRは国産ホットハッチの至宝! ハチロクより速かった走り屋御用達マシン

RB20DETエンジン画像はこちら

 またHCR32は魅せるドリフトが全国的なブームになった時期と重なっており、素直な操縦性でアフターパーツも多い後輪駆動車の需要が高かったのだ。チューニングのメニューも豊富。2000ccのまま吸排気系に手を入れるだけで十分にパワフルだし、TD06やK26といった社外タービンに交換する車両も多かった。さらに大きなパワーを欲するドラッグ仕様では、2300ccや2400ccへの排気量アップする方法も。

ドリフト好きに支持されるURASのエアロ仕様画像はこちら

 後継モデルのR33型スカイラインがデビューすると、スポーツグレードのGTS系は2500ccターボへと進化した。このエンジンに換装するだけで250psとプラス500ccの余裕が手に入るし、続くR34型では排気量こそ変わらないが280psとなる。エンジン型式が変わるので公認車検を取得する必要こそあれど、フルノーマルでも素のHCR32と比べれば力強さは別次元だし、それをベースにチューニングし500psや600psを目指すこともできた。

画像ギャラリー