電動車がつまらないなんてウソ! ニスモがイジったノートとリーフの激変っぷりに未来を見た (2/2ページ)

手軽に本格スポーツカーへ仕立てられるのもEVの魅力

 運転好きには、NISMOを選ぶ理由が確実にあり、予算が許すならNISMO仕様がいいと思う。外観も、よりスポーティな持ち味が活かされ、レカロシートを選べたり、ステアリングに直進位置を知らせる赤の印が設けられていたりもする。一方で、運転感覚はNISMO仕様を好むが、外観はあまり派手でない方がいいという志向であれば、オーテックの選択肢がリーフにはある。

【関連記事】日産「R34スカイラインGT-R」の理想形完成! ニスモ大森ファクトリーの公道からサーキットまで使えるスペックを完全紹介します

リーフニスモの走り画像はこちら

 EVやe-POWERは、エンジン車でDOHCにするとか、ターボチャージャーを装着するとかといった部品の追加をすることなしに、制御の仕方次第でより高度な走行性能へ向上させることができ、スポーツ感覚の運転を身近にさせるクルマでもあるのだ。