ニスモがイジるとなんでも激熱に変身! まさかの走りを実現した非スポーツ系コンプリートモデル10台 (1/2ページ)

ニスモがイジるとなんでも激熱に変身! まさかの走りを実現した非スポーツ系コンプリートモデル10台

この記事をまとめると

  • SUVからミニバンまであったニスモの変わり種コンプリートカー
  • 日産らしい電動化モデルにも高性能なニスモモデルを設定した
  • 次世代のスポーツモデルを予感させるノートオーラNISMOも登場

ヨンクターボが自慢の個性派コンパクトSUV

「ジュークNISMO/2013年発売」

 まずは、車名に初めてニスモの名が冠された「ジューク」から。世界的にヒットしたコンパクトSUVのジュークに設定された「ジュークNISMO」は2013年に登場。1.6Lのターボエンジンを搭載した4WD仕様の16GT FOUR Type Vをベースに誕生した。

 特徴はニスモのモータースポーツ活動で培ったエアロダイナミクスを惜しみなく投入していること。フロントバンパーには両サイドをワイド化してセンター部の先端を持ち上げた形状とすることで、空気抵抗を低減させながらもダウンフォースを向上。フロア下面の空気の流入を抑えてリフトを低減するサイドシルプロテクターや、長さを延長して空気抵抗を減らしたルーフスポイラー、さらに専用オーバーフェンダーなどが装着された。ジュークNISMOのフロントスタイル

 インテリアには滑りにくいスエード調の素材を使った専用シートをはじめ、日産初となる本革・アルカンターラ巻きの専用ステアリング、専用タコメーターなどが与えられ、一段とスポーティな雰囲気に仕立てられていた。ジュークNISMOのインテリア

 エンジンには専用チューニングが施され、200ps/25.5kg-mへと出力/トルクともに性能アップされた専用のMR16DDT型エンジンを採用。トランスミッションには専用エクストロニックCVTが組み合わされ、CVTのマニュアルモードはクロスレシオの7速仕様となり、高性能エンジンを自らの手で操りたいドライバーの要求にしっかり応えたものであった。MR16DDT型直噴ターボエンジン

 また、シャーシ性能は欧州でチューニングされた専用サスペンションが秀逸な乗り心地と安定したハンドリング性能を両立。パワーステアリングのアシスト量も強めることで、より安定感あるステアリングフィールとしたほか、専用18インチホイールには225/45R18サイズタイヤを組み合わせ、SUVのスポーツ部分がしっかり強調されていた。

運動性能をさらに高めたRSも追加設定

「ジュークNISMO RS/2014年発売」

 ジュークNISMOの成功を受けて、2014年にはより高性能な「ジュークNISMO RS」が登場した。エンジンは同じ1.6Lながら、ECUのセッティングの変更で専用直噴ターボは214ps/25.5kg-mまでパフォーマンスアップ。トランスミッションも同じエクストロニックCVTだが8速仕様へと進化している。ブレーキも前輪のローター径を拡大したほか、後輪にもベンチレーテッドディスクを採用し、ストッピングパワーも大幅に高められた。キャリパーはニスモのイメージカラーであるレッド塗装が施され、高性能ぶりもアピールした。ジュークNISMO RSのフロントスタイル

 そのほか、NISMO RS専用サスペンションや車速感応式パワーステアリングにも専用のチューニングが施され、レカロ社と共同開発の専用バケットシートの採用により、ハイパフォーマンスな走りに見合ったホールド性を確保、プレミア性もしっかり高められた。ジュークNISMO RSのリヤスタイル

排気量とトランスミッション違いの2車種を設定

「マーチNISMO S/2013年発売」
「マーチNISMO/2013年発売」

 ジュークNISMOがデビューした2013年には、もう1台のニスモモデル「マーチNISMO」がデビューした。ニスモ自慢の走りを手軽に楽しみたいユーザーの声に応えたマーチNISMOは、低燃費志向の1.2LエンジンとエクストロニックCVTを組み合わせている。また、標準仕様のNISMOをより高性能化させた、1.5L専用エンジンに5速MTをマッチングさせたNISMO Sをラインアップ。マーチNISMO Sのフロントスタイル

 それぞれに専用エアロや専用インテリアに加えて、16インチホイールにはブリヂストン製ポテンザ(205/45R16)を装着することで、希少なホットハッチとして存在感をいかんなく発揮。またスペックこそ凡庸ではあるが「マーチNISMO S」専用の エンジンは、専用ECUチューンにより116ps/15.9kg-mまで高められ、MTを駆使してドライブしたい日産ファンの支えとなっている。もちろん2ペダル派にはCVT仕様のNISMOがあるので、免許の種類を選ばないふたつの選択肢からクルマをチョイスすることができ、多くのニスモファンを喜ばせたモデルでもある。HR15DE型エンジン

画像ギャラリー