かつて高性能車の証だった「ダブルウイッシュボーン」! スポーツカー小僧の心をときめかせたサスペンションの過去と未来 (2/2ページ)

いまも進化し最新ミニバンでも活かされている

 さらに最近のモデルで注目なのがアルファードだ。先代までは後席の乗り心地に難ありとされていたのを解消すべくダブルウイッシュボーンを採用しているのだが、スペースに余裕がない後輪に対応するため、異型の細長くて平らなアームとしている。一見すると、まったくダブルウイッシュボーンには思えないのだが、上下にA型に近いアームがあったり、キャンバーも含めた動きからすると、形式的にはダブルウイッシュボーンにほかならない。

 解析技術が進んだことも背景にあって、単純な形のダブルウイッシュボーン以外にもこのような異型がこれからも出てくる可能性はあるだろう。電気自動車の時代になってもサスペンションはなくならないだけに、なおさらだ。

【関連記事】お洒落キャンピングカーとして「ベッドフォードCA」に注目! なぜいま英国のクラシック商用車が新鮮なのか?

現行型アルファードのリヤに採用されたダブルウイッシュボーン画像はこちら

画像ギャラリー