ホンダ初代シビックタイプRは国産ホットハッチの至宝! ハチロクより速かった走り屋御用達マシン (1/2ページ)

ホンダ初代シビックタイプRは国産ホットハッチの至宝! ハチロクより速かった走り屋御用達マシン

この記事をまとめると

  • 1997年に登場したEK9型シビックタイプR
  • FFスポーツの人気を押し上げた
  • 今ならまだ現実的な価格で手に入る

新車時より高いものの今ならまだ買えるEK9!

 ホンダ・シビックタイプRとしては初代となるのが、1997年に登場した「EK9型」だ。NAエンジンを極めた性能と、軽量コンパクトなボディによる切れ味あるハンドリングは、いまなお一級品といえる。すでに新車時の価格を超えてはいるが、中古車を買えるのも今がラストチャンスかもしれない!?

軽量ボディにパワフルエンジンを積んだFFスポーツの教科書

 ホンダの「タイプR」シリーズはNSXが元祖にあたる。それからインテグラタイプR(DC2)が誕生。ハイパワーなNAエンジンに、軽量なボディで鋭い走りを魅せるFFスポーツとして人気を獲得した。そして、そのFFスポーツの人気をさらに押し上げたのが、EK9型シビックタイプRだ。

 もともと軽量でハイパワーなシビック(EK4)をベースに、よりハイパワーなB16B型エンジンを搭載。ひとつずつ職人がポート研磨をしたというスペシャルなエンジンには、画期的な可変バルブタイミング機構であるVTECを採用し、回転を上げていくと高回転用カムに切り替わることで、全域でのパワフルさを獲得できる。市販エンジンとしては驚異的な1.6Lにして185psを発揮した。

【関連記事】日産R33「スカイラインGT-R」の進化の系譜とは? ル・マン参戦に4ドアや「400R」など特別モデルも多彩だった!

車両重量は1040kgに抑えられていた画像はこちら

中回転域からドラマチックに盛り上がるNAエンジン

 そしてボディは軽量で車重も1t少々という軽さっぷり。そのボディの軽さもあって、圧倒的な加速のパンチ力が魅力だった。ハイパワーなエンジンであってもボディが重ければそれほど速くは感じないものだが、EK9の場合、ボディは軽量。エンジンはピークパワーに注目が集まるが、じつは中間トルクがすごい。アクセルを踏みこむと中回転域から爆発するような圧倒的なトルクを発生し、ボディが軽さと相まってグングンと車速が乗っていく。さらにVTECが高回転用カムに切り替わると、音もフィールも一段と高まる。

 ホンダが狙っていたのか、結果的にそういった特性になっただけなのかはわからないが、クライマックスに向けての盛り上がりがすごい。加速するたびにひとつのストーリーが始まって、展開し、クライマックスを迎えるのだ。そんなエンジンとボディは乗って楽しくないわけがない。速さはもちろんのこと、楽しさに溢れていたからこそ多くの支持を獲得したのだ。

185psを誇ったB16Bエンジン画像はこちら

画像ギャラリー