500台限定のトヨタ「GRMNヤリス」をサーキットとオフロードで乗り比べ! ミニ「JCW」を超えるために必要なこととは (1/2ページ)

500台限定のトヨタ「GRMNヤリス」をサーキットとオフロードで乗り比べ! ミニ「JCW」を超えるために必要なこととは

ふたつの最強、「サーキットパッケージ」と「ラリーパッケージ」

 2022年1月14日に東京オートサロン2022で発表された、GRヤリスのフルチューンモデル「GRMNヤリス」。その直後には筑波サーキットでプロトタイプに試乗したが、今回は足まわりのセッティングをブラッシュアップし、さらに生産技術向上でボディ剛性も強化された、より市販に近い仕様で袖ヶ浦フォレストレースウェイへ。そしてラリーパッケージも初めて試すことができた。

(初出:CARトップ2022年8月号)

ベース車とは完全に別物のGT3マシンのような仕上がり

 GRヤリスのフルチューンモデル「GRMNヤリス」に試乗した。結論を先に言うと、自分でもビックリな現象に遭遇し、ヤバイぐらい欲しくなってしまった(笑)。

 今回はベースグレードに舗装路での速さを突き詰めるためのパーツで武装をする「サーキット・パッケージ」と、未舗装路での走りも念頭に置いた「ラリー・パッケージ」のふたつの仕様を試す。GRMNヤリスは基本2シーター化され、フロントはサイドエアバッグ付きのレカロ製フルバケットシートを装着する。

 従来のGRヤリスに対してスポット溶接打点が545点も増やされるなど、ホワイトボディから完全に別物だ。テールゲートを開けるだけでも溶接打点の多さがすぐにわかるが、リヤシートを撤去した跡が綺麗に処理されているなど、細かいところまでしっかり作り込まれている。ステアリングとシフトノブはウルトラスエード巻きで、ポルシェ911GT3のようなドライバーを奮い立たせる質感の高さもあり、800万円以上するだけのことはあると感じた。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

後部座席は取り外され2シーター、サーキットパッケージにはスワンネックのカーボン製リヤスポイラーが備わる画像はこちら

スポーツ4WDとしての完成度は極めて高い

 サーキット・パッケージを試乗したのは袖ヶ浦フォレストレースウェイ。取材当日は真夏のように暑く、そんな日に袖ヶ浦をアタックすると左フロントタイヤのショルダーがすぐに終わってしまうので、最初はアンダーステアを強めに感じたが、コンディションの良いタイヤで走ると舵の利きはすこぶる良く、ステアリングを切り足した際の反応も鋭い。トラックモードの前後駆動力配分は前45:後55とGRヤリスよりもわずかに後輪寄りとなるが安定性は高く、総じてスポーツ4WDとしての完成度は極めて高い。

 最大の課題はABSの弱さだ。タイヤがロックするとブレーキを減圧し、グリップが回復したらふたたび加圧するのだが、加圧アクチュエーターのポンプが弱く、一度減圧するとそのまま制動力が出ない状態が続いてしまう。この悪癖がGRMNでも見られた。制動力自体は強力なだけに惜しい。これはレクサスも含めたトヨタ車のすべてに該当する課題と言える。

 さらに言えば、もう少し攻めたセッティングでも良いと思えた。ステアリングを切ったときのノーズの動きやヨーモーメントの出方、応答性はさらに鋭敏化しても、このボディなら挙動が破綻することはないはず。そうすればMINIのJCW(ジョンクーパーワークス)を超えるホットさやダイレクト感が味わえるだろう。

GRMNヤリス・サーキットパッケージ画像はこちら