ホンダ新型「シビックタイプR」登場! 歴代「赤バッジ」のFF最速神話を振り返る (1/2ページ)

ホンダ新型「シビックタイプR」登場! 歴代「赤バッジ」のFF最速神話を振り返る

この記事をまとめると

  • ホンダの走りの象徴であるタイプR
  • シビックタイプRはこれまで6モデルが登場
  • 高回転NAやターボなどさまざまな仕様で進化を続けている

最強のFFスポーツとして君臨し続ける

 遂に登場した新型シビックタイプR。6代目となる現行型は、今クルマ好きの話題の中心と言ってもいい存在です。そんなクルマ好きたちをつねにワクワクさせてきた「FFスポーツ」の進化の歴史を振り返ってみましょう。

まさにホットハッチの名にふさわしい「EK9」

 1997年に初代シビックタイプRが誕生。NSX、インテグラに続く3つ目のタイプRとして、6代目シビックにラインアップされました。シビックのスポーツグレード、SiRをベースにチューニングされ、それまでのタイプRと同じようにホンダのレーシングテクノロジーを盛り込んだホットモデルに仕立てられています。

【関連記事】1000万円以下で泥沼フェラーリ生活!? 素人が手を出してはいけない4座フェラーリ「365GT4 2+2」とは

EK9型シビックタイプR画像はこちら

 軽量化と剛性アップを実現したボディに、専用チューニングの足まわりやABSなど、メーカー純正チューニングカーといった仕立てですが、やはり注目すべきはエンジン。1.6Lながら185psというハイパワーを誇り、テンロクトップの性能を実現していました。上位クラスのスポーツカーをも相手にできる性能を持つシビックの登場は、多くのクルマ好きに衝撃を与えました。

欧州シビックをベースにした「EP3」

 2001年に登場したEP3型。ヨーロッパ市場向けのハッチバックをベースに開発され、イギリスで生産されました。バリバリ硬派な印象を受けた先代モデルと同じく、サーキットでの性能はこれまで以上を求めつつも、ヨーロッパ育ちの素性を活かしてワインディングや一般路でも一体感を感じられるクルマを目指しました。

EP3型シビックタイプR画像はこちら

 モータスポーツ活動が同時期に販売されていた2代目インテグラタイプR(DC5)に移行したため、国内でのスポーツイメージは薄くなってしまいました。ですが、タイプRらしい高回転まで気持ちよく回るエンジンは健在で、先代モデルよりもパワーアップした2Lエンジンは215psを発生。ヨーロッパ仕込みの剛性の高いボディと、先代よりも広々とした室内が組み合わされ、走りの質感も利便性もより高くなりました。

4ドアセダンをベースにした「FD2」

 それまではハッチバックでしたが、3代目となるFD2はベースのシビックがセダンとなったため、セダンのタイプRとして2007年に登場しました。セダンになっても求めた性能はタイプRらしく、「FF TYPE R史上最速」を銘打っての発表でした。

FD2型シビックタイプR画像はこちら

 リヤガラスを薄くするなどこれまで以上に軽量化を徹底。それでいながらボディ剛性を確保することも忘れておらず、2代目インテグラタイプR(DC5)と比べてボディ剛性を50%向上させています。もちろん、エンジンスペックも向上させ、2LのNAながら225psを誇ります。FD2でのワンメイクレースも行われ、国内モータスポーツシーンでもふたたび活躍したモデルでもありました。

欧州シビックベースの第2弾はユーロの名がつく「FN2」

 2009年に「タイプRユーロ」というネーミングで販売されたFN2型。久々のハッチバックタイプR復活となったこのモデルは、ヨーロッパ市場で販売されていたシビックのトップモデルとしてイギリスで生産していたモデルです。日本市場には台数限定で販売された帰国子女モデルでもあります。

FN2型シビックタイプR画像はこちら

 日本市場では2009年に2010台限定で、2010年に1500台限定で販売されました。サーキット重視の硬派なFD2に比べると、FN2は一般道での楽しさや快適性も重視したモデルとなっています。このようなキャラクターの違いに、ヨーロッパ向けモデルであるという、生い立ちの違いを感じることができます。

 しかし、タイプRのバッジが与えられているだけあって、ホットハッチとしてのスポーツ度は健在。限定販売だったこともあり、現在では希少なモデルとなっています。

画像ギャラリー