【業界初】車高調の減衰力をオートで調整できる! ミニバンにこそ装着したいブリッツ「DSC Plus」とは<PR> (2/2ページ)

車体の大きなミニバンこそリアルタイムの姿勢制御が効果大

 やはり気になるのはミニバンでの乗り心地などの変化だ。DSC PlusをセットしたZZ-Rを装着するヴォクシーのデモカーで試してみた。

ヴォクシーの走り画像はこちら

 なにも設定は変更せず、デモカーがセットしてあった推奨減衰力のままオートで試乗へ。フロントは18、リヤは20というセッティングでスタートする。ZZ-Rの快適な乗り心地で市街地を走り、減衰力の変更はなかった。

 信号で停車し、青信号とともに加速をするのだが、わざといつもより少しだけ強めにアクセルを踏み込んでみる。もちろん全開となるようなアクセルの踏み方をすれば、姿勢変化などにより減衰力は大きく調整されるはず。そこで、あえてわずかだけグッと踏み込んでみたのだが、DSC Plusは瞬時に違いを察知したようで、減衰力の設定が変更。フロント20、リヤ18と、やや後ろ側を固める方向に調整したのには驚いた。

試乗中の車内イメージ画像はこちら

 姿勢変化の大きいミニバンだからこそ、未装着状態ではこのわずかな動きの蓄積が疲労感となって表れてくるはず。つねに快適な姿勢を保ってくれるのは、ドライバーはもちろん同乗の家族にとっても嬉しいだろう。

 減衰力は、オートはもちろん任意で変更することも可能であり、好みの仕様を記憶して呼び出すこともできる。コントローラーはまさに手のひらサイズで、装着場所に困ることもないだろう。ボタンにはメッキ処理が施されているので、高級感もバッチリ。いかにもアフターパーツを付けています、というような後付感がないのもありがたい。

ヴォクシーの装着イメージ画像はこちら

DSC Plusを装着すればZZ-Rの性能をフルに引き出してくれる

 なお、ブリッツの車高調ZZ-Rは、32段階の調整幅を持っている。だがこのDSC Plusを使えば、設定変更で96段調整に変更することもできる。より緻密な減衰力調整が可能となり、さらに快適でなめらかな乗り心地を味わえるようになるのも魅力である。

96段階調整のイメージ画像はこちら

 現在ZZ-Rを装着済みであっても、対応している車種であれば「DSC Plus 車種別セット」を購入することで、DSC Plusの魅力を堪能することができる。また、従来モデルのDSC-Fourを装着済みのユーザーも、適合のある車種であれば、同じく車種別セットを購入すればバージョンアップが可能となっているのもありがたいところだ。

 家族と快適に移動したいとき、ひとりで気持ちよくワインディングなどを駆け抜けたいとき。ZZ-Rの性能を存分に引き出してくれるDSC Plusは、走り好きはもちろん、ファミリーにもオススメのアイテムだ。

【製品概要】

ZZ-R DSC Plus for トヨタGR86(AT/MT共通)
アッパーマウント(前/後):調整式ピロ/強化ゴム
レート(kgf/mm・前/後):6.0/4.0
自由長(mm・前/後):150/200
スプリング(前/後):ST/ST※1
車高調整範囲(mm・前/後):-55〜0/-55〜-5
減衰力調整(前/後):32段階/32段階
価格(税込み):28万3800円
※1 ST=ID62ストレートスプリング
※装着の際に車両側で一部加工が必要

DSC Plus 車種別セットC
価格(税込み)8万5800円

ZZ-R DSC Plus for トヨタ・ノア&ヴォクシー
アッパーマウント(前/後):強化ゴム/純正
レート(kgf/mm・前/後):6.0/5.5
自由長(mm・前/後):220/215
スプリング(前/後):ST/BS※2
車高調整範囲(mm・前/後):-65〜0/-55〜-5
減衰力調整(前/後):32段階/32段階
価格(税込み):30万6460円
※2 ST=ID62ストレートスプリング/BS=樽型orテーパー型 専用形状スプリング
※装着の際に車両側で一部加工が必要
※2WDのみ。4WDは開発中

DSC Plus 車種別セットG
価格(税込み)8万6460円

【お問い合わせ】
ブリッツ サポートセンター
TEL 0422-60-2277
受付時間 10:00~17:00
営業日 月曜〜金曜日
休業日 土曜・日曜・祝祭日・夏期休業・年末年始休業
https://www.blitz.co.jp/