違法改造? いいえフル公認取得の「スポーツVIP」トヨタ「クラウン」が凄すぎと話題に! 走りにこだわったローダウンとは (1/2ページ)

違法改造? いいえフル公認取得の「スポーツVIP」トヨタ「クラウン」が凄すぎと話題に! 走りにこだわったローダウンとは

「スポーツVIP」へと振り切った「クラウン」

 やるからにはとことんやる、そして振り切る──それがカスタマイズというものならば、今回紹介するトヨタ「クラウン」(210系)は、この本質を極めたキング・オブ・カスタムカーだ。

走り屋からゼロヨン、そしてVIPへ

 クルマのカスタマイズにはさまざまなジャンルがある。その中でも1990年頃から注目されはじめた「VIPカー」と呼ばれるセダンベースのカスタム文化は、時代とともに大きく成長し、よりカッコ良く、より激しいスタイルへと変貌を遂げていった。

 近年では高級路線のVIPカーをベースにスポーティなカスタマイズを施した「スポーツVIP」と呼ばれるジャンルが誕生した。その特徴はベタベタの車高にスポーティに魅せるダクトやオーバーフェンダー、ディフューザーといったエアロパーツを装着させ、レーシーさをもを追求する点にある。

【関連記事】17歳で日産「R33GT-R」オーナーになった女子高生の「いま」とは? D1ドライバーを目指してただいま修行中!

スポーツVIPにカスタムしたトヨタ「クラウン」

 一時流行ったラグジュアリー路線のカスタムは、純正フォルムを活かす方向のドレスアップが主流だったが、スポーツVIPではその発想を大きく変え、より過激にアグレッシブで攻撃的──レーシングカーに近いスタイルとなる。

 スポーツVIPで大事なのは「縛りに囚われない自由な想像力で作ること」である。あらためて今回紹介する210クラウンを見ると、まったくその通りであることが分かるだろう。

 自分だけのオリジナルスタイル。それでいて、クラウンらしさが残されているカスタムは注目に値するだろう。

 このスポーツVIPの良いお手本というべきマシンを手がけたのは、カスタムVIP界の有名人である服部恭士さんだ。彼は18歳で普通免許を取得後にAE86を購入し峠を攻めまくっていた走り屋だった。

 その後、ブームとなったゼロヨンにも参加。みんながハイパワーな2ドアスポーツを選ぶなかで、あえて異色の4ドアセダンのマークII(GX81系)を選択。エンジンをカリカリにチューニングし、1.5J仕様+船舶タービンを組み合わせたゼロヨン仕様車として製作。思えばここからセダン人生がはじまり、地元愛知県の某有名ストリートゼロヨン会場では、無敵のFRセダンとしても有名になるほどだったという。

 ゼロヨン卒業後は、落ち着こうと思ってクラウンを購入。しかし、純正のままでは物足りなさを感じカスタム熱が再発。当時流行っていたカーオーディオにハマり、ハイパワーアンプ連装に巨大なスピーカー搭載の音圧重視のカスタムマシンを仕上げていたそうだ。