クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 新型「エクストレイル」「RAV4」「アウトランダー」でもっともアウトドドア向きSUVは? キメ手は「AC100V/1500W」コンセントでした
OUTDOOR
share:

新型「エクストレイル」「RAV4」「アウトランダー」でもっともアウトドドア向きSUVは? キメ手は「AC100V/1500W」コンセントでした

投稿日:

TEXT: 青山尚暉  PHOTO: Auto Messe Web編集部

AC100V/1500Wコンセントはあると便利!

 各社の概要、4WD性能について説明してきたが、しかし、日本国内のアウトドアシーンでは、本格4WDでないと辿り着けないような場所はまずないと言っていい。そんなところにアウトドアフィールドを作ったらお客さんが限られ、商売として成り立たないからである。よほどの僻地、未開拓の場所に足を踏み入れない限り、それこそスズキ・クロスビーなどでもスイスイと辿り着けるようになっているのが、日本のアウトドアなのである。

 ということは、少なくとも走行性能、走破性で、4車を比較することに大きな意味はない。ここでFFが選べるSUVでも、アウトドアフィールドに不安なく辿り着けることは間違いない。4WDを選べば、保険的安心・安全が得られるというだけだ。

 では、アウトドアでSUVを使う上で、差が出るとしたらどこか? 4名程度でアウトドアに出かけるにしても、ミッドサイズSUVなら荷物の積載性を心配することはない。多少の寸法、容量の違いはあれど、しっかりと積み込むことができるに違いない。

 筆者は、ひとつのポイントとして、AC100V/1500Wコンセントがあると実感している。AC100V/1500Wコンセントがあれば、電源設備のないキャンプ場でもクルマから給電することができ、車内外でコーヒーメーカーや簡易電子レンジ、照明などを使うことができる。

 いや、そんな文化的な機能はいらない……というなら話は別だが、あれば便利に決まっている。その点では新型エクストレイル、RAV4(HV/PHV)、アウトランダー(PHEV)が候補に挙がる。その3台であれば、アウトドアの楽しみ、快適性が大きく広がるというわけだ。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS