自己満足度も高い体感できるチューニングアイテムとは? 「サスペンション」や「ブレーキ」など交換するだけで愛車が激変します (1/2ページ)

自己満足度も高い体感できるチューニングアイテムとは? 「サスペンション」や「ブレーキ」など交換するだけで愛車が激変します

初心者でも違いがわかるパーツを紹介

 サーキットのタイムにスタイリング、音や数字に現れないフィーリング。チューニングする目的は人によって千差万別だが、最大の醍醐味は愛車の変化を体感できることだろう。初心者でも違いが分かりやすく速さや安全に繋がるパーツ、はたしてどんなモノがあるのかあらためてリサーチしてみよう。

足まわりの細かいセッティングが可能な車高調

 真っ先に思い浮かぶのは車高調だ。ドレスアップ派にとっては見た目が大半かもしれないが、ローダウンで重心が下がってロールが抑えられることは、サーキットに限らず一般道でも十分に体感できる。

 車高だけではなく製品によっては減衰力やキャンバー角の調整も可能で、タイムアップは当然ながらドライバーを育てることにも貢献してくれる。多くはオーバーホールや仕様変更に対応しており、クルマが変わらない限り使い続けられる点もメリット。なるべく予算を抑えたいならローダウンスプリングでもいいが、セッティングの類は一切できず結局は買い直すことになるだろう。

【関連記事】ボンネットにある「ピン」や「稲妻ステッカー」の意味は? 街でも見かけるカスタムカーの「?」にお答えします

体感度バツグンのチューニングアイテム画像はこちら

運動性能にも影響するタイヤ&ホイール

 次はタイヤ。純正でサーキット走行に耐えうるタイヤを履くクルマも一部にはあるものの、大半のクルマはいわゆるハイグリップラジアルに交換するだけで動きが変わる。ステアリング操作に合わせて狙ったラインを自然にトレースでき、立ち上がりでアクセルを全開にしても駆動輪が暴れてトラクションを逃さず、まるで自分のドライビングが上手になったかと錯覚することもあるほどだ。

 空気圧の管理や路面温度とのマッチングがシビアなセミスリックまでは不要だが、体感度やタイムアップへの貢献度が高いパーツといえばタイヤは外せない。タイヤを交換する人の多くはホイールも同時に履き替えるので、オフセットを変更することでクルマの挙動を味付けしたり、運動性能に影響するバネ下の軽量化も同時に達成できる。