クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 自己満足度も高い体感できるチューニングアイテムとは? 「サスペンション」や「ブレーキ」など交換するだけで愛車が激変します
CUSTOM
share:

自己満足度も高い体感できるチューニングアイテムとは? 「サスペンション」や「ブレーキ」など交換するだけで愛車が激変します

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭  PHOTO: AUTO MESSE WEB

サーキット走行がメインならブレーキは必ず交換

 もうひとつはブレーキ。一般道を常識的なスピードで走っている限りは純正で十分、しかしサーキットは高い速度域からの急減速が日常茶飯事で、おまけに連続で周回するためブレーキの負担はケタ違いだ。

 重量のあるクルマなら1~2周でブレーキがフェードすることも珍しくなく、そんな状態ではタイムアタックどころか普通に走るのもおぼつかない。耐フェード性能に加え制動力やコントロール性の高さも魅力で、サーキット走行がメインなら車高調やタイヤよりも優先度は上となる。

ECUを交換してパーツの能力を最大限に引き出す

 パワー系で激変するのは何と言ってもECUだ。燃調と点火時期を適正化するだけでパワーもトルクもレスポンスも向上するが、より体感しやすいのはスピードリミッターやレブリミッターの解除または変更。ECUはマフラーやエアクリーナーなどの能力を引き出すのにも役立ち、タービン交換やエンジン本体に手を入れてもデータを書き換えれば対応できる。

* * *

 それぞれのメリット・デメリットを理解した上でサーキットでのタイムアップを目指してチューニングしてみてはいかがだろうか。

1 2
すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS