クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました
CLASSIC
share:

昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

投稿日:

TEXT: 青木邦敏 PHOTO: 青木邦敏

  • バンパーを外した状態のフロントエプロンもハコスカそっくりに作り込まれている

いま、再び愛される昭和車の魅力

 現在、懐かしの昭和車をベースにノスタルジックな雰囲気を再現しつつ、スポーティなモディファイを施すネオクラシックな旧車カスタムが流行っている。その中でもとくに熱いのが1970年代から80年代にブームとなった改造車。当時は、個性的なマシンが数多くストリートを駆け抜けていた。

「サニトラ」+「ハコスカ」=「ハコトラ」

 人気モデルをあげていけばキリがないが、その筆頭といえば間違いなく「ハコスカ」になる。そして大衆車として昭和世代にとって身近な存在として愛されていたのが「サニー」だ。

 サニーの中でも通称「サニトラ」(サニートラック)は、コンパクトなボディに丈夫なA型エンジンを搭載するトラックということで個人商店の配送車、ガソリンスタンドの小型ローリー車として大活躍。また、ガソリンスタンドには必ずといってよいほど改造好きな従業員がいて、ちょっとヤンチャな改造リメイクを楽しんでいたものだ。

 今回紹介するのは、そんなサニトラをベースに、当時の憧れだったハコスカのフロントマスクを再現したモデル。車両製作は千葉県柏市にファクトリーを構える「大一自動車ボディ」で、巷では通称「ハコトラ」と呼ばれている。

 ハコトラについて詳しい方なら知っていると思うが、かつて栃木県の「09 Racing」が作っていた。だが、今から5年ほど前に販売が終了され、もう二度と手に入らない物になってしまった。そんな状況の中で、たまたま大一自動車ボディが当時のマスター型を手に入れ、09 Racingの了承を得てハコトラキットとして再販売を開始したというわけである。したがって、このボディキットは憧れの09 Racing製とまったく同じ物といっていいだろう。

 キット構成はボンネット、バンパー、グリル、ライトフレーム、チンスポ、フェンダー、オーバーフェンダーからなる7点セット。その価格は54万円ということだった。ただし、GT-Rエンブレムやコンビネーションランプ、ヘッドライトやメッキ製のヘッドライトリングはオプションに設定になっている。

 また、この大一自動車ボディが手掛けたハコトラの凄いところは内装もハコスカ仕様になっている点だ。外装と同じく、内装もハコスカと同形状でダッシュボードをFRPで作り込み、そこに各種メーターが収まるようにしている。素材がFRP製なので純正サイズのメーター以外にも社外メーターも寸法を合わせてセット可能。この点については、改造好きにとっては都合の良いポイントになるはずだ。ちなみに、この内装キットの価格は近日公開予定ということだった。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS