クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • フェラーリ「テスタロッサ」が2億6500万円! 世界に1台のはずが、なぜ複数台存在する?
CLASSIC
share:

フェラーリ「テスタロッサ」が2億6500万円! 世界に1台のはずが、なぜ複数台存在する?

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: Vecchio

ピニンファリーナ謹製「テスタロッサ スパイダー」

 1980年代フェラーリの傑作「テスタロッサ」は、総計7177台が生産されたといわれるヒット作ゆえに、現在のクラシックカー オークションにおいてもかなりの頻度で出品されているのはご存知であろう。

 しかし2022年11月上旬、クラシックカー/コレクターズカー オークション業界最大手のRMサザビーズ社の主催による「LONDON」オークションに出品された真紅のテスタロッサは、この上なくスペシャルな1台だったようだ。

すべてがスペシャルなテスタロッサの中でも、とくにスペシャルなモデルとは?

 フェラーリ テスタロッサは、近代フェラーリを代表する名作であるとともに、「ヤングタイマー」と呼ばれる1980−90年代のネオ クラシックカーの中でも、とくにアイコニックなモデルといえるだろう。

 テスタロッサは1984年パリ サロンにおけるデビューの瞬間からセンセーションを巻き起こして以来、この華やかな時代のカルチャーを体現するものとして、映画やドラマ、あるいは当時大流行したミュージックビデオなど、さまざまなステージを飾ってきた。

 また、生産過程において幾ばくかの進化は施されたものの、持ち前の未来的なオリジナルデザインは、最終型「F512M」として1996年をもって生産を終えるまで、さらには現在に至るまで、輝きを失うことはなかった。

 いっぽう、180度V型12気筒4.9LのティーポF113Aエンジンと、今となっては懐かしいシフトゲートつき5速MTの組み合わせは、ダイレクトなドライビングプレジャーと爽快な12気筒サウンドを、現代の愛好家にもビシビシと体感させてくれる。

 そんなフェラーリ テスタロッサは、正規モデルではクローズドの「ベルリネッタ(とくにスポーティなクーペ)」のみとされた。しかし、フェラーリおよびピニンファリーナのオフィシャルとして、1986年に1台だけスパイダー版が製作されている。

 フィアットグループの会長を長らく務めるとともに、前世紀後半のヨーロッパにおけるセレブレティの代表格としても知られた偉人、そして、数多くの特注フェラーリをピニンファリーナとともに生み出してきた「アヴォカート(弁護士)」こと故ジャンニ・アニエッリが、自身のフィアット会長就任20周年を記念して、ピニンファリーナにテスタロッサをベースとするスパイダーを特注。フェラーリ公認でワンオフ製作されたのだ。

 しかし、もとより世界の憧れとなっていたテスタロッサ。しかも、さらにスペシャルなオープンモデルは、当時のアーケード版レースゲーム『SEGAアウトラン』にも登場するなど、世界で1台だけのスパイダー版は大きな反響を巻き起こすことになった。

 ただしピニンファリーナは公式には「一品製作」をうたいつつも、じつは複数のテスタロッサ スパイダーを秘密裏に製作していた。そのうちの1台が、今回「LONDON」オークションに出品された車両なのだ。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS