クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「BBS」に「レイズ」など「GT-R」のホイールのトレンドは? 「R’s Meeting」で見つけた最新流行をレポートします
CUSTOM
share:

「BBS」に「レイズ」など「GT-R」のホイールのトレンドは? 「R’s Meeting」で見つけた最新流行をレポートします

投稿日:

TEXT: 西川昇吾 PHOTO: 横澤靖宏

  • BBSはR35 GT-Rを展示

R’s Meetingでホイールのトレンドを実地調査

 2022年10月30日に、富士スピードウェイで開催された「R’s Meeting2022」の会場では様々なパーツメーカーやショップが「GT-R」に関する出展を行っていました。そのなかでAMW編集部が気になったGT-Rのチューニングやメンテナンスをピックアップ。今回はクルマの印象にも大きく関わってくるホイールに注目します。

BBS

 高級鍛造ホイールの代名詞として多くのクルマ好きの憧れの的であったBBS。定番モデルを普遍的に展開していくのがBBS流となっていて、定番の「LM」などは20年を超えるロングセラー商品となっています。

 その中でも新たなエッセンスとして超超ジュラルミン鍛造1ピースホイールの「RI-D」に新色のダイアモンドゴールドが今年新たに加わりました。BBSを選ぶユーザーはハードな走行よりも、マイカーを大切に維持していくユーザーが多いとのことで、第二世代GT-Rユーザーには古くからの定番の「LM」や「RI-A」の人気が高く、R35ユーザーには「RI-D」の人気が高いとのこと。

RAYS

 チューニングシーンはもちろん、モータースポーツシーンにおいても長年GT-Rの足元を支え続けているRAYS。その証拠にSUPER GTで使用されている新旧のホイールが展示されていました。

 第二世代GT-Rの時代から定番ホイールであった「TE37」も、R35などの新世代マシンに対応できるように、ハイグリップなタイヤと向上したパワー&トルクに対応して進化しています。その他にも過去の名作ホイールをオマージュしたデザインを採用した「21C」や「21A」などもラインアップしていて、ドレスアップユーザーからスポーツ走行ユーザーまで幅広い層に応えられるホイールを展開。17~19インチの定番サイズが多い第二世代GT-Rはもちろん、R35に対応できる20インチも多くのホイールでサイズ展開がされています。

ADVAN Racing

 GT-R向けのサイズを多くのホイールで展開しているADVAN Racingホイール。展示されていたホイールもラインアップの中でGT-R向けのサイズ展開があるものが中心となっていました。その中でもR35を中心にGT-Rユーザーに人気が高いのが、20インチが設定されている「ADVAN Racing GT BEYOND」とのこと。この鍛造ホイールはADVAN Racing GT伝統の5本スポークデザインを採用しつつも、コンケーブ形状を採用してトレンドと伝統を上手くバランスさせたデザインとなっています。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS