クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • 本物の「テスタロッサ」が「342.5万円」から。フェラーリも共同所有する時代へ!「RENDEZ-VOUS(ランデヴー)」の事業とは
カーライフ
share:

本物の「テスタロッサ」が「342.5万円」から。フェラーリも共同所有する時代へ!「RENDEZ-VOUS(ランデヴー)」の事業とは

投稿日:

TEXT: 武田公実 PHOTO: 武田公実/RENDEZ-VOUS

  • 代官山T-SITE1階の「クルマ・バイクコーナー」において「テスタロッサ」を展示

国内初コレクタブルカーの共同所有サービスが発足

 昨今では「カーシェアリング」という考え方がすっかり定着し、街中では「あの」黄色い正方形ステッカーを張ったコンパクトカーなどを見かける機会も多くなった。

 そのかたわら、今や日本を含む全世界で、クラシックカーないしはコレクタブルカー(コレクターズカー)のマーケット価格が継続的な高騰状態にあることは、もはや周知の事実である。このふたつの事実は、同じ自動車の世界にまつわるものではありながらも、これまでの常識では決して交わることはないだろうと考えられていた。

 ところがこのほど、近年ではなかなか手の届かなくなってしまった感のある名車たちを、複数の顧客で共同所有するためのバックアップを行うという、じつに意欲的なアイデアが事業化されることになった。

 発信源は、若き自動車愛好家たちが結集したスタートアップ企業「RENDEZ-VOUS(ランデヴー)」である。

コレクタブルカーの共同所有サービスとは?

 RENDEZ-VOUS代表の浅岡亮太CEOいわく、同社はクルマを愛し、クルマを信じ、クルマと向き合い、クルマの魅力を追求し続け、世界中の人々に伝えていくチームでありたいと思っているとのこと。そして同じくクルマを愛するエンスージアストたちのために、1/8の金額でコレクタブルカーを共同所有できるサービスを考案したという。

 彼らの共同所有サービスでは、4つの特徴を打ち出している。

 まずひとつ目は「憧れを1/8の金額で叶える」と銘打った「所有プラン」。1台の車両を最大8人で共同所有するものである。登録名義は「RENDEZ-VOUS」とされ、同社のガレージにて管理されることになっている。

 したがって、この種のクルマを持つには大きな課題となる保管場所の問題は、当初からクリアされているとも言えるうえに、一定のスキルが要求される維持管理をオーナー自らが行う必要はない。また、車両の走行は最小12日単位(年間)での利用が可能で、ライフスタイルに合わせて乗りたい場所で、乗りたいときだけ走行できるという。くわえて車両を売却する際には、保有している権利分の売却額が分配されるとのことである。

 ふたつ目は、まずは一度乗ってみたい方への「体験プラン」。こちらは毎年少なくとも1回開催される走行イベントに限り運転可能となる。所有まではまだ踏み切れない、より多くのクルマを楽しんでから所有に踏み切りたい、という方のために用意したとのことである。

 3つ目は、コミュニティ形成と名車再生による文化の継承。共同オーナーを軸としたコミュニティを育み、ともにこれからのクルマの楽しみ方を提案してゆくという。その最初の提案として、仕上がっているクルマだけではなく、朽ちかけているクラシックカーを後世に残していくため「名車再生プロジェクト」にもチャレンジしてゆくとのことである。

 そして4つ目は壮大な計画。「世界中にマイカーのある暮らしを」と銘打ち、これから日本だけでなく、世界中に販売したクルマのためのガレージを作ってゆくとのこと。つまり、RENDEZ-VOUSでコレクタブルカーの共同オーナーとなった顧客は、ガレージのあるほかの国を旅しながら、乗りたいクルマに乗ることができるというものである。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS