クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 全長6メートル!! トヨタ「アルファード」を「ハイラックス」のパネルを使ってスーパーデューリー化した苦労とは
CUSTOM
share:

全長6メートル!! トヨタ「アルファード」を「ハイラックス」のパネルを使ってスーパーデューリー化した苦労とは

投稿日:

TEXT: 青木邦敏  PHOTO: 青木邦敏

  • スーパーデューリーらしさを強調するリアフェンダーはクラフトフォーマーを使って鉄板を曲げて成形

東京オートサロン2023のミニバン・ワゴン部門優秀賞

 アメリカのカスタムビルダーもビックリするほどのド肝を抜く、全長6.6m、全幅2.4mのアルファードトラック。手がけたのは日本自動車大学校(NATS)の生徒たちで、トラック好きのメンバー14名が集まって仕上げたという。

 前から見たら国産ミニバンを代表するトヨタ「アルファード」、しかし横から見たら完全にトラックというトリッキーさがこのクルマの一番の特徴。東京オートサロン2023・東京国際カスタムカーコンテストのミニバン・ワゴン部門において、見事、優秀賞の栄冠に輝いた。

どうしてアルファードをスーパーデューリーに?

 製作に携わった生徒のひとりにベースモデルの選定と車両製作のいきさつについて話を伺った。

「当初の予定では古いハイラックスをベースにベタベタに車高を落としたトラックを造ろうと計画していました。だけど、その古いハイラックスサーフが旧車ブームの影響もあって高くて買えませんでした。そのことを先生に相談したら、2021年にNATS LM800Tの名で製作したアルファードがあり、これを使うのもアリかもよというありがたい提案をもらいました。

 そこで、トラック好きメンバー達を集めて検討。2021年製作のアルファードはレクサスLM300hの顔を持ち箱型トレーラーを引っ張る車両でしたが、その形から、自分たちが作るならインパクト抜群のデューリートラックしかないと考え、日本版スーパーデューリーとして製作することが決まりました」

 製作はミニバンの快適性を残したトラック仕様として、リアのスライドドアのレール位置から後方をカットし、フレームは角材を使って2mも延長している。サスペンションメンバー、アームを含めたリアの車軸類はそのまま後方に移動。FFベースのアルファードだったことが幸いし、作業をラクにしてくれた。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS