クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • BMWのバイクにはパートタイム2WDがあった! 第二次世界大戦後も中国とソ連にコピーされた名作「R75」とは
LIFE
share:

BMWのバイクにはパートタイム2WDがあった! 第二次世界大戦後も中国とソ連にコピーされた名作「R75」とは

投稿日:

TEXT: 長尾 循 PHOTO: 長尾 循

  • ドイツのシュコー製1/10スケールミニカー「BMW R75」

世界で最も有名な軍用モーターサイクル、BMW R75

 ご存知の通りBMWといえばわが国のホンダやスズキと同様、2輪と4輪の両方を生産する世界的に見ても数少ないメーカーだ。そして、BMWの本職はもともと航空機エンジンの製造。その技術とノウハウは好むと好まざるとに関わらず、戦時下には優れた軍事技術としても重宝されることとなる。第二次世界大戦時のBMWもまた、まさにそういった存在であった。

バイエルンのエンジン工場がドイツ軍のために開発

 軍の偵察や連絡の用途に、それまでは民生用のオートバイを流用していた第二次世界大戦初期のドイツ軍であったが、やはり当時の350~500cc級の市販オートバイでは、戦場という特殊な条件下で使うには荷が重すぎる。そこで新たに開発されたのがBMW「R75」である。エンジンは排気量745ccのOHVで最高出力は26ps/4000rpm。空冷水平対向2気筒エンジンにシャフトドライブという構成は、歴代BMWモーターサイクルの代名詞ともいえる「Rシリーズ」のフォーマットに準ずるが、このR75はあらゆる部分においてミリタリー・ユースを前提にした設計となっている。

4×4ならぬ3×2のパートタイム2輪駆動

 1941年から生産が始まったR75はもちろん単車としても使用されたが、本車が「世界で最も有名な軍用モーターサイクル」と言われるのは、やはりサイドカー仕様の存在であろう。R75サイドカーはシャフトドライブの特性を活かし、必要に応じて後輪の動力を舟側の車輪にも伝達できるという、4×4ならぬ3×2のパートタイム2輪駆動車なのだ。

 また、燃料タンク上部に設置されたエアクリーナーと、高い位置に取り付けられたアップマフラーにより、かなりの水深まで走行可能。トランスミッションは4速+副変速機付きで、さらにリバースギヤまで備えていた。サイドカー仕様の車重は400kg以上とも言われる重量級だが、最高速度は95km/hを誇った。ブレーキはBMWモーターサイクル初の油圧ブレーキが採用されている。16インチのホイールには悪路の走行を前提としたブロックパターンのタイヤが装着され、通常のモーターサイクルでは走行が困難な路面状況でも走破できるタフなR75は、前線の将兵から好評をもって迎え入れられた。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS