クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 770馬力! アストンマーティン史上最強! 最終モデル「DBS770 アリティメット」ととは?
CAR
share:

770馬力! アストンマーティン史上最強! 最終モデル「DBS770 アリティメット」ととは?

投稿日:

TEXT: iconic  PHOTO: アストンマーティン ラゴンダ

フラッグシップモデルの最後を飾る499台

アストンマーティンはフラッグシップ「DBS」のファイナルモデルとなるDBS770 アルティメットを発表した。生産台数はクーペが300台、オープンのヴォランテが199台となり、これをもってDBSの生産が終了するという。

チーフ・テクノロジー・オフィサーのロベルト・フェデリ氏は次のようにコメントしている。

「アイコニックなシリーズが生産終了前の最後の世代に達したとき、スペシャルなモデルで最終章を飾ることが重要です。フラッグシップの最終バージョンとなるDBS 770 アルティメットの場合、あらゆる面で歴代を凌駕する最高のモデルとなるよう、私たちはいかなる努力も惜しみませんでした」

アストンマーチンDBS770

DBSは、1967年に最高出力284psの4L直6エンジンを搭載するハイパフォーマンスなGTモデルとして登場。その後、DB9をベースとしたフラッグシップGTとして2007年にその名が復活、2012年にヴァンキッシュが発表されるまで販売された。

そして、2019年にDB11をベースとしたさらなる高性能フラッグシップとなるDBS スーパーレジェーラとしてその名が登場する。ちなみにスーパーレジェーラは“超軽量”を意味する。もともとは1926年創業のコーチビルダーであるカロッツェリア・トゥーリングによる、細い鋼管フレームで組み上げた骨格をアルミパネルで覆うボディ製作方法で、DB4/DB5/DB6に採用されてたもの。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS