クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 日産「R32スカイラインGT-R」で日本一周車中泊の旅! 2度めの挑戦は愛車との最後の思い出づくりでした
CUSTOM
share:

日産「R32スカイラインGT-R」で日本一周車中泊の旅! 2度めの挑戦は愛車との最後の思い出づくりでした

投稿日:

TEXT: GT-R Magazine 松本奈巳  PHOTO: 増田貴広

  • このR32GT-Rで日本中を旅し続ける。2周目はほとんどトラブルなし

  • ドライブを楽しむワンシーン

GT-Rが人との出会いを作り思い出が積み重なる日本二周目!

平成29(2017年)に124日間かけ、愛車BNR32と共に下道日本一周に出掛けた鞆 憲明さんとひろ子さんご夫婦。その鞆さんが再び全国を旅することを決意した2022年。今回も下道だけの気まま旅、しかも一人旅だ。予定を決めずのんびりゆっくり。楽しさと寂しさと一つの決意を胸に走り続けるゴールに待っているのは相棒との別れの予感だった。

(初出:GT-R Magazine 166号)

仕事人間の心の隙間を埋めたR32で夫婦日本一周

2017年5月、鞆 憲明さんは「高速道路や有料道路を使わず、下道だけで日本一周する。しかも車中泊で」という目標を叶えるべく、妻のひろ子さんと愛車のBNR32で広島の自宅を出発した。2016年に前立腺がんと胃がんが立て続けに見つかり、それまで仕事の鬼だった鞆さんは、さすがに引退すると決めた。それまでがとにかく忙しい毎日だっただけに、胸にポッカリと穴が開いてしまった。67歳のときである。

何もやることがない。クルマの運転が大好きだった鞆さんは、ここで日本一周しようと決めた。それまでも夫婦で各地の温泉に出掛けていたので、遠出することに何の抵抗もなかった。九州~四国~近畿~静岡と太平洋側を北上。北海道を一周して帰路は日本海側へ。124日間という大冒険だった。GT-R Magazineがこの愛すべきチャレンジャー夫婦を取材したのが2019年のこと。

その取材の最後に鞆さんは「日本一周はわたしの旅好き人生の集大成のつもりでした。でも、正直に言えばまだまだこれから。じつはいつ2周目に出発するか、密かに考えているんですよ」とコメントしている。まさかとは思ったが、その鞆さんが2周目をスタートさせたと知ったのは本当に偶然のことだった。

二周目は同じルートを気ままな一人旅で決行する

最初の旅から5年。2022年5月11日に2周目の旅をスタートさせた。出発して度々更新されるブログを見ると、1周目とほぼ同じルートを辿っているようだ。違いは助手席にひろ子さんがいないこと。やはり車中泊メインということで、断られたらしい。出発から1カ月もすると、鞆さんは北海道に上陸していた。下道でも30日ちょっとで日本縦断できるのか、と変なところで感心してしまった。毎日が充実しているようだ。愛車と共に今度はどのような旅を楽しんでいるのか、きっとみんなも知りたいだろう。わたしはすぐに鞆さんに連絡した。

「稚内で会いましょう」という取材の依頼を鞆さんは快く引き受けてくれた。待ち合わせはキャンプ場。軽自動車のレンタカーでは上っていくのが大変なほどの急勾配。どんどん緑が深くなり、突然現れたキャンプ場の駐車場に、いた! 3年前に見たのと変わらぬ真っ白なBNR32。傍らには旅先で知り合った仲間と談笑する鞆さん! 真っ黒に日焼けして、とてもお元気そうだ。

「このキャンプ場が気に入って、もう2週間くらいいます。静かでのんびりしていて、山を下りれば町にはスーパーもコンビニもあって。もうここに住民票を移したいくらいですよ」と笑顔の鞆さん。

旅先での素敵な出会いが毎日の活力になる!

今回は先の予定は決めない気ままな旅。気に入った場所があれば、飽きるまでそこで過ごす。同じようにクルマで旅する人たちとの交流が楽しい。

「旭川では大阪から自転車で旅している21歳の若者に会いました。とても気持ちのいい方でした。わたしも若いころにこんな旅がしたかったなと考えましたよ。名前は忘れちゃったけれど、どこかの道の駅では毛ガニをもらったんですよ。キャンプ場に泊まった朝、地元の運送会社の方がわたしのGT-Rを見て話しかけてくれて。その方はジャパンに乗っているようでした。夕方またそのキャンプ場を訪ねてきて、毛ガニを2杯。翌朝一人でムシャムシャと完食しました。

GT-Rで旅していると、いろいろな人が声を掛けてくれます。その一つ一つが思い出になっていますね。わたしはね、今回最後の旅と決意して広島を出てきたんです。本当はR32を手放したくはないんですよ。人と触れ合うことが好きで、だからとにかく旅に出る。でもGT-Rとの旅は今回が最後。旅から戻ったら、このBNR32を手放す。そう約束しました」

1 2
東北カスタムショー

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

東北カスタムショー

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS