クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • フェラーリではない「ディーノ246GTS」が1億円! スチールボディなのに「206」より高い理由がありました。「チェア&フレア」とは?
CLASSIC
share:
フェラーリではない「ディーノ246GTS」が1億円! スチールボディなのに「206」より高い理由がありました。「チェア&フレア」とは?

フェラーリではない「ディーノ246GTS」が1億円! スチールボディなのに「206」より高い理由がありました。「チェア&フレア」とは?

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

フェラーリではないフェラーリが高値で落札のなぜ

北米フロリダ州シー諸島のアメリア島では、毎年3月に大規模なコンクール・デレガンス開催される。またそれに付随して、アメリカおよびヨーロッパの大手オークショネアが大規模なオークションをオフィシャル、あるいは独自に展開するのも通例となっている。

そんな中、業界最大手の一つであるRMサザビーズの北米本社は、2023年で第24回目となる「AMELIA ISLAND」オークションを大々的に開催。総額にして実に7000万ドルを超える売り上げを達成した、と喧伝しているという。

2023年3月4日の競売では、素晴らしいクラシックカーやスーパーカーに対して、日本円にして億越えとなるビッグプライスでハンマーが落とされたようだが、今回はそんな珠玉のクルマたちの中から、1台の「ディーノ246GTS」についてお話しすることにしよう。

エンツォの愛息、ディーノの遺したヘリテージとは?

「Dino」のバッジを掲げたフェラーリが1965年のパリ・サロンでデビューしたとき、小型版フェラーリ・ストラダーレというアイデアは、既に練り込まれていたという。

エンツォ・フェラーリの長男であるディーノは、V6エンジン設計の熱心な支持者だった。若きフェラーリは、ブランドの立ち上がる以前からエンジン設計者の一人として名を連ねてはいたものの、彼自身はそのデビューを見届けることはできなかった。

デュシェンヌ型筋ジストロフィーと診断されたディーノは、その病に身体を蝕まれながらも、病床でたゆまぬ努力をしたと言われている。彼は、自身も携わったV6エンジンがF1GPで大成功を収めるちょうど2年前、1956年に24歳の若さでこの世を去った。

しかし彼のディーノV6エンジンは、F1GPとスポーツカーレースで何年にもわたって輝かしい戦果を挙げることになる。そして、かねてからポルシェ911と市場を争うような市販ロードカーを望んでいたエンツォ・フェラーリは、最愛の息子によって進められたセオリーを生かして、新たな市販モデルとするよう開発チームに命じた。

その結果として誕生した麗しのディーノGTは、ミドシップとV6エンジンという、フェラーリにとっては新機軸となる2つの要素を両立。各カムシャフトカバーには“Dino”の文字が誇らしげに鋳造されていた。そして息子の夢を実現させたエンツォ翁は、ノーズに掲げる紋章をすでに世界的アイコンとなっていたフェラーリの“カヴァッリーノ・ランパンテ”ではなく、ディーノ自身のシグネチャーであるべきと考えた。

かくしてディーノ「206GT」は1967年に正式発表。ピニンファリーナのアルド・ブロヴァローネおよびレオナルド・フィオラヴァンティによってデザインされ、スカリエッティによって架装されたみごとなボディを着用していた。鋼管スペースフレームの後方に、2Lのオールアルミニウム製V型6気筒4カムシャフトエンジンを搭載し、5速トランスアクスルを組み合わせていた。

ディーノGTにとって最初の大規模アップデートとなったのは、1969年に「246GT」がデビューしたこと。エンジン排気量は2.4Lに増加し、ボディ構造はスチールに切り替わった。カスタマーも自動車メディアも同様にディーノの魅力に圧倒され、そのゴージャスなデザインとかみそりのように鋭いハンドリングによって、現在に至る普遍的な賞賛を受けるに至ったのだ。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS