クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 懐かしい大阪万博当時を思い出させるトヨタ「セリカLB」の精密すぎるモデルカーがオートアートから登場!【モデルカーで知る名車】
LIFE
share:

懐かしい大阪万博当時を思い出させるトヨタ「セリカLB」の精密すぎるモデルカーがオートアートから登場!【モデルカーで知る名車】

投稿日:

TEXT: 長尾 循(NAGAO Jun)  PHOTO: 長尾 循/トヨタ自動車

ダルマセリカに1973年4月に追加されたリフトバック

世界各国に多くのファンを持つモデルカー・メーカー「オートアート」。日本や欧米をはじめとする各国に独自の開発拠点を持ち、それぞれの国や地域の視点で開発される製品ラインナップはじつに多彩だ。同社の主力シリーズと言える1/18スケールでは1998年の誕生以来、これまでに1500種類以上をモデル化してきた。それら日本車、外国車、戦前のヴィンテージカーから最新のスーパースポーツカーまでを同じスケール・同じ解像度で俯瞰的にコレクションできるのも、ファンにとっては大きな楽しみのひとつと言える。そんな同社から少し前にリリースされ、とくにわが国のファンに好評を博しているのが今回ご紹介するトヨタ「セリカ リフトバック2000GT」だ。

ABS樹脂とダイキャストを組み合わせミニカーのリアリティを追求

オートアート社製モデルカーの大きな特徴は「オートアート・コンポジットダイキャストモデル」と呼ばれる独自の構造にある。一般的にはミニカーのボディは亜鉛合金製のボディか、あるいはレジン樹脂製のボディがほとんどだが、同社の製品はボディには独自配合したABS樹脂を用い、インナーボディには金属製のダイキャスト・パーツを採用するという他に例を見ないもの。それぞれの素材の利点を最大限に生かし、ダイキャストモデルに劣らない高剛性と重量感を実現しながら、樹脂ボディならではのリアルでシャープなボディラインを再現。ドアやエンジンフードなどの開閉箇所も極限までチリが合った仕上がりとなっているのだ。

当時のレジャーブームを先取りしたセリカ リフトバック

フォード「マスタング」に範を取った日本初のスペシャリティカーとして1970年に登場した初代トヨタ「セリカ」。その後1973年には大型テールゲートを持ったセリカ リフトバックがそのラインナップに追加された。このリフトバックはリアシートバックを倒すと大型レジャー用品の積載も可能で、そのスポーティな走り以上に、当時のレジャーブームを先取りしたGTカーとして高い人気を博した。

リフトバックにもクーペと同様、ツインカム1.6Lの2T-Gや同じくツインカム2Lの18R-Gを筆頭にいくつものエンジンが用意されたが、オートアートがモデル化したのは18R-Gを搭載する最高グレードの2000GTだ。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS