クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • メルセデス マイバッハ新型「EQS 680 SUV」の後席はもはやラウンジ! クローム仕上げのフロントグリルは高級感の演出です
CAR
share:

メルセデス マイバッハ新型「EQS 680 SUV」の後席はもはやラウンジ! クローム仕上げのフロントグリルは高級感の演出です

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: Mercedes-Benz AG

プレミアムSUVの中でも特別な存在感と魅力を備えた一台

究極のラグジュアリーをカスタマーに提供することをコンセプトとした、メルセデス・ベンツのサブブランド、メルセデス・マイバッハから、最上級SUVのGLSをベースとしてEV版である「EQS SUV」を、さらにエクスクルーシブな仕様へとモディファイした「EQS 680 SUV」が発表された。

「良いものは美しくなければならない」という言葉に沿って開発

全長5125mm×全幅2034mm×全高1721mmという(アメリカ仕様は車高が1724mmとなる)ボディサイズは、マイバッハのエンブレムを掲げるには相応しい堂々たるもの。かのカール・マイバッハが残した、「良いものは美しくなければならない」という言葉に沿って開発されたというこのEQS 680 SUVは、確かにそのディテールに至るまで究極的な美しさが貫かれている。

マイバッハにとって、後席のVIPに究極のラグジュアリーを提供すべくSUVを製作したのは、実は今回が初めてのことではない。2017年に誕生したG65ベースの「G650ランドレー」がそれで、このモデルは後席をサルーン同様のリクライニング可能な2人用としたほか、さらにその快適性を高めるためにホイールベースを600mm延長。前席と後席の間にはパーテーションパネルを設けるなど、徹底して後席のパッセンジャーのプライバシーを守るコンセプトが採り入れられていた。

世界限定99台で販売されたG650ランドレーの人気は高く、発売早々にそれはソールドアウトだったようだ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS