クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • アクセル全開厳禁!? プロドライバーもためらう強烈な加速のメルセデスAMG「EQS 53 4MATIC+」の最大トルクは950Nm!
CAR
share:

アクセル全開厳禁!? プロドライバーもためらう強烈な加速のメルセデスAMG「EQS 53 4MATIC+」の最大トルクは950Nm!

投稿日:

TEXT: 木下隆之(KINOSHITA Takayuki)  PHOTO: 田村 弥

  • EQSのフロントマスク

  • EQSのリアビュー
  • 試乗する木下さん
  • EQSの走り
  • EQSのフロントマスク

未来的なデザインで新しい高級感を演出する「EQS」

「EQS」は、メルセデスベンツのBEV、一切の内燃機関に依存しない電気自動車である。

 スタイルは徹底的に空気抵抗を減らした4ドアハッチバックであるかのようだ。例えばドアハンドルは格納式であり、ボンネットはフェンダーまで回り込んだタイプ。のっぺりした未来的なフォルムが特徴なのである。それによって空気抵抗係数は0.20を実現する。

スポーティモデルでも最長601kmの航続可能距離

 ボディサイズは内燃機関を搭載する「S400d」と、そのホイールベースを延長したロングとの中間に位置する。それでいて、ホイールベースはロングとほぼ同等であり、つまり、そこで稼いだフロアに低く薄く広くバッテリーを搭載しているわけだ。

 フラッグシップの「AMG EQS 53 4MATIC+」には、107.8kWhもの大容量バッテリーが搭載される。それでもボディは2.7tもあるから航続可能距離は期待したほど伸びないが、601km(WLTCモード)だから、十分というのか物足りないというのか。

 それでも150kWのチャデモにも対応しているため、電力を10%から80%まで注ぐのに48分だという。50kWの急速充電器でも110分である。インフラさえ整えば足は長いと言えるのかもしれない。そもそも空気抵抗係数が0.20だから、高速巡航をすれば意外に電費を稼ぐことができるだろう。

EQSのリアビュー

先進性を感じさせるコクピット

 近未来的なのは室内にもおよぶ。

 ドライバー正面のモニターは12.3インチ、中央には17.7インチ、そして助手席側には12.3インチ、それら3画面がフラットにつながっている。機能の操作はタッチパネル経由である。あるいは「Hiメルセデス」からの音声認識に委ねることになる。機能のすべてを紹介すると膨大な原稿量になってしまう。だが、それらがすべて画面内に格納されているというわけだ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS