フォルクスワーゲン「ID.4」に初試乗! 「ゴルフ」のようにコンパクトEVのベンチマークになる可能性は? (1/2ページ)

フォルクスワーゲン「ID.4」に初試乗! 「ゴルフ」のようにコンパクトEVのベンチマークになる可能性は?

コンパクトEVの大本命、VW「ID.4」が日本で発売

 フォルクスワーゲンの新世代BEV(バッテリー電気自動車)である「ID.」シリーズから、SUVスタイルの「ID.4(アイディーフォー)」が2022年11月22日、ついに日本上陸を果たした。VWの日本市場向けID.シリーズ第1弾となるID.4の仕上がり具合を、ひとあし先に確かめることができた。

「ティグアン」とほぼ同サイズでさらに広い室内空間を実現

 今回、日本で発売されたID.4は、フォルクスワーゲンのID.シリーズのなかで、「世界戦略車」と位置づけられる重要なモデルだ。他のID.シリーズ同様、VWグループが開発したBEV専用アーキテクチャーのMEB(モジュラー エレクトリフィケーション プラットフォーム)を採用することで、長い航続距離、広い室内、ダイナミックな走行性能の実現を目指している。

 SUVスタイルのID.4は、全長4585mm×全幅1850mm×全高1640mmと、同社のSUV「ティグアン」とほぼ同じサイズ。一方、フロントオーバーハングを切り詰めたデザインにより、ホイールベースはティグアンよりも95mm長く、より広い室内空間を確保することに成功した。

 日本での発売にあたっては、導入仕様となる「ID.4 ライト ローンチエディション」(499万円/税込)と「ID.4 プロ ローンチエディション」(636万5000円)の2グレードを設定する。どちらも交流同期モーター1基をリヤアクスルに搭載する後輪駆動レイアウトを採用し、最高出力は前者が125kW(170ps)、後者が150kW(204ps)の実力。搭載されるバッテリー容量も異なり、前者が52kWh、後者が77kWhで、航続距離はそれぞれ388kmと561kmを達成する。

「EVらしさ」を押し出さずシンプルで使いやすいコクピット

 このうち、今回はより高性能なID.4 プロ ローンチエディションに試乗する機会を得た。さっそくドアを開けようとすると、ドアハンドルがいつもと違う。フォルクスワーゲンは伝統的にグリップ式のドアハンドルを用いており、例外は少量生産の「XL1」くらいなもの。それが、このID.4では、空気抵抗の低減を考えてフラットなデザインを採用しているのだ。フラップの裏側にあるスイッチに軽く触れるとドアが開き、その先にはシンプルなデザインで、居心地の良い空間が広がっていた。

【関連記事】マツダ「CX-60」が出荷延期! 何が問題だったのか、1000km走って検証しました

フォルクスワーゲンの最新EV「ID.4」試乗リポート画像はこちら

 広いダッシュパネルはブラウンのレザレット(人工皮革)で覆われて、施されたステッチにより上質さが際立つ。中央には大型のタッチパネルとタッチスイッチが配置され、とてもシンプルな印象だ。このID.4 プロ ローンチエディションでは純正ナビゲーションシステムが用意されず、「Ready 2 Discover MAX」と呼ばれるディスプレイオーディオが標準装着となる。コネクテッド機能も備わらないが、個人的にはとくに不満はない。

 インフォテインメントシステムの画面に比べると、メーターパネルは小振りで、必要最小限の情報が表示されるといった印象だ。ステアリングコラムに直付けされ、ステアリングホイールと一緒にチルト/テレスコピック調整ができるので、思いのほか見やすいのが助かる。ディスプレイの右側にはドライブモードセレクターが設けられ、少し手を伸ばすだけで、前進/後退、パーキングの切り替えが簡単にできるのは便利だ。