クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • ロバンペラを「フォーミュラドリフトジャパン」チャンピオンにしたチームジャパンの取り組みとは
SPORT
share:

ロバンペラを「フォーミュラドリフトジャパン」チャンピオンにしたチームジャパンの取り組みとは

投稿日:

TEXT: XaCAR編集部 大野田諭(OHNODA Satoshi)  PHOTO: 金子信敏/増田貴広

ワールドクラスのドリフトを披露した

現役WRCドライバーのカッレ・ロバンペラが、2023年5月に行われたフォーミュラドリフトジャパン(FDJ)のRound.2に「GRカローラ」で参戦するというニュースは、発表と同時に業界を駆け巡った。そして、ワールドクラスのドリフトテクニックで完全優勝という偉業を成し遂げた。ロバンペラが参加したチームは「TEAM CUSCO RACING」。クスコの長瀬 努社長に、今回の経緯を聞かせていただいた。

超短期間でドリフト車両をつくり上げた

「ロバンペラが優勝できて、本当にホッとしています。今回のプロジェクトは、すべてがギリギリのところで進められました。賛同をいただいた各メーカーの協力があってこそ実現することができたと思っています」

クルマが届いて、プロジェクトのGOが出たのはフォーミュラドリフトに参戦するまで1カ月も時間がないタイミングだった。車両提供はGR、エンジンを担当するのはHKS、タイヤは横浜ゴム、車両製作はクスコということは決まったが、GRカローラでのドリフト車両制作は、誰も経験がなく圧倒的に時間がなかった。しかもドライバーは、WRCドライバーであり、優勝する可能性もある。半端なクルマをつくるわけにはいかなかった。

クスコは、13歳のドリフトドライバー箕輪大也選手の車両として「GRヤリス」を制作しており、初戦の鈴鹿では優勝もしている。共用できるパーツが多いという点で、先にGRヤリスの制作をしていたというのは、今回のプロジェクトを成功させるうえで重要なポイントになったと言える。

超短期間で優勝できるだけのマシンをつくり上げたクスコも凄いが、レースの週にやってきて、いきなり優勝することができるカッレ・ロバンペラの高さには感服する。

「レースウィークの水曜日にエビスへやって来て、初めて車両に乗ってもらいました。そこでロバンペラに、練習は必要ない、セッティングだけさせてくれって言われて少し戸惑いました。クルマに乗っている時間よりも、セットチェンジをしている時間のほうが長かったです。凄いですよ」

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS