クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • ユーザーが楽しくなるような、そしてユーザーに寄り添った製品づくりを目指しています【株式会社ブリッツ代表取締役 山口 聡氏:TOP interview】
CUSTOM
share:
ユーザーが楽しくなるような、そしてユーザーに寄り添った製品づくりを目指しています【株式会社ブリッツ代表取締役 山口 聡氏:TOP interview】

ユーザーが楽しくなるような、そしてユーザーに寄り添った製品づくりを目指しています【株式会社ブリッツ代表取締役 山口 聡氏:TOP interview】

投稿日:

TEXT: AMW 西山嘉彦(NISHIYAMA Yoshihiko)  PHOTO: 横澤靖宏

いつの時代も究極を追い求めるブリッツ

かつて「BLITZ(ブリッツ)」は、谷田部での最高速チャレンジから始まり、ボンネビルやニュルブルクリンクなどにもチャレンジを続けていたため、常に「速さ」を追求したチューニングパーツのメーカーという印象を持ち続けている人も多いだろう。しかし、いまではそうしたハードなイメージから一転して、洗練された間口の広いパーツを数多くリリースしている。現在、このブリッツを牽引している代表取締役の山口 聡氏に、製品開発において気をつけている点などについてお話を伺った。

山口 聡氏の愛車遍歴

バブル世代、団塊ジュニア世代のクルマ好きは、クルマの情報を漫画から吸収したという人も多い。山口氏も幼い頃から『サーキットの狼』を読み、スーパーカー消しゴムで遊んだ記憶があるという。

ただし、本格的にクルマが好きだと思い始めたのは、免許を取得してからだという。二十歳で免許をとり、クルマを運転するようになってから、クルマが楽しいと思うようになったそうだ。

「僕は、ブリッツを創業したわけではないんですね。父が始めたわけなんですけれども、クルマに関係する商売だなとは幼い頃から漠然とはわかっていました。ただ、自分がクルマを運転するわけでもなく、世の中の仕組みがわかってなかったこともあって、あまり父の仕事を意識していませんでした。

それが、自分でクルマを運転するようになってから、クルマが面白いなと思うようなったんです。それが仕事になるのなら、それこそ面白いなと思い始めたのは大学に入ってからですね」

自ら運転するようになって、はじめてクルマが面白いと感じるようになった山口氏だが、最初はどのようなクルマに乗っていたのだろうか。

「最初は当然お金もないんで、自分のクルマは持てませんでした。しかし、姉が当時すでに働いていて、クルマを持っていたんですね。そのクルマを勝手に、夜な夜な運転していました。

それで最初に運転したのは、WRCにも出場していた四駆ターボのファミリアです。型式で言うとBFMRですね。当時、インタークーラー付きターボと言ってました。エアサスが装着されていて、スイッチで車高を上下させることができたのですが、壊れて車高が下がりっぱなしになってしまったという思い出があります。

それから姉がユーノス ロードスターに乗り換えたんですね。もちろんそれにも乗ってました。埼玉にある大学に通っていたので、埼玉に住んでいる友達の家に泊まりに行くこともあって、よく埼玉の山道にドライブに出かけてました。このとき、クルマを運転することが楽しいとわかったんです。それから本格的にクルマが好きになりましたね。

大学を卒業してからは、3年ほど別の会社で営業職に就いてました。社会人になってからも姉のロードスターをさも自分のもののように乗ってました(笑)、いま思うと姉に非常に申し訳ないんですけれど……。さすがにこのロードスターは姉のクルマなので、まったく手を入れることはなかったです。

この営業時代には、レーシングカートショップが得意先だったこともあって、自分でレーシングカートを購入して走っていましたね。当時お金がなく途中でやめてしまいましたが」

チューニングに目覚めさせた「インテグラ タイプR」

「28歳でブリッツに入ってからすぐに乗ったのが、インテグラ タイプRです。外装がホワイトで赤のバケットシートが入ってるやつです。これはかなり手を加えました。当時のチューニングはターボが流行っていたので、KKKのK3Tキットを装着して、タコ足も作りましたね。K3Tという一番使い勝手の良いターボがあって、それをいれてました。一応、ブリッツの試作ということだったんですけど、残念ながら製品化にはならなかったですね。でも、好きなことが仕事になったので、当時は楽しかったですね。

インテグラは車検も通したので、割と長く乗りました。そのあとは、クルマはいろいろと変わったので、クルマを乗り始めた頃の思い出話はこれぐらいですね」

自社製品の開発のために、実際に数多くのクルマに触れてきた山口氏だが、それらはユーザーが求めるものが何であるのかを研究するためであり、公私でハートを熱くするというものではなかったようだ。

しかし、四十代後半に差し掛かる頃から、再びかつての「運転して楽しい」感覚が蘇ることになる。きっかけは、トヨタ「86」の登場であった。そして山口氏のプライベートでは子どもが成長してひと段落ついたタイミングであった。

「86が出たときは、これは面白いクルマが出たなと思いましたね。ブリッツでも数多くのパーツを開発しました。それらの自社製パーツを装着しまくって、思い切りカスタムしました。このクルマで、サーキットを走るようになったんです。

とにかく足回りに手を加えてサーキットを走りましたね。タイヤとホイールはダンロップとエンケイで固めて、脚やマフラー、ブレーキなど、ブリッツで製品化したものはほぼすべて装着してサーキットを走りこみました。この頃にカートも復活したんです」

ハチロクにはたくさんの思い出があると語る山口氏。みずからがサーキットで走ることが、ブリッツの製品開発にどのようにフィードバックされるのだろうか。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS