クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • フィアット「デュカト」は大人の隠れ家にピッタリ! 贅沢な時間を過ごせる理想の相棒です【AMWリレーインプレ】
CAR
share:

フィアット「デュカト」は大人の隠れ家にピッタリ! 贅沢な時間を過ごせる理想の相棒です【AMWリレーインプレ】

投稿日:

TEXT: AMW 原田貴俊  PHOTO: AMW 米澤 徹

  • デュカトイメージ

  • 筆者比較
  • ホイールベース長い
  • ラゲッジ
  • デュカトイメージ

相棒としてサーキットもアウトドアもOK!

魅力的なクルマにじっくり試乗し、編集部員それぞれの目線で印象をリポートする「AMWリレーインプレ」。これまでスポーツモデルが多めな車種セレクトだったが、今回はビジネスシーンだけでなくレジャーでも大活躍しているフィアット「デュカト」をチョイスした。第3弾として、走り屋目線(?)も少し交えてリポートする。

大きなボディでも意外とスムーズに走れる

デュカトの存在は知っていたが、今回試乗するまで車両の詳細なスペックなどを気にしたことがなかった。やはり実車を目の前にすると、「大きい」というのが第一印象だった。

試乗したのは、「L2H2」というグレード。全長5410mm、全高2525mmという数値だけを見ると、仕様によって異なるが2トントラックよりも大きいサイズであり、都内をスムーズに走行できるのか、そして無事に編集部に戻ってこれるのか、不安になってしまった。

早速運転席に座ってみると、当然ながら着座位置の高さに驚く。インパネデザインは商用車の雰囲気ではなく、乗用車と同じような豪華さがある。大型のカーナビに本革巻きステアリング、見やすいデザインのデジタルメーターなど、長距離を楽に運転できるような仕立てとなっている。

東京・神田にある編集部からお台場方面に向かって走らせる。ボディサイズやパワーユニットの力強さを体感できるのではという思いから、交通量も多い銀座を通り抜けるルートを設定してみた。

車両重量は、カタログ値で2110kgとある。それだけを聞くと重たい……と感じてしまうが、大きなボディサイズに反して加速はじつにスムーズ。直列4気筒のディーゼルターボは180ps/450Nmというスペックだが、物足りなさは感じないほど気持ちよく加速させる。

3450mmという長いホイールベースをもつが、少しコツを掴めばオフィス街の少々狭い路地でも取り回しに困ることはない。さすがに乗用車感覚とまではいかないが、意外とすんなり運転できたのには驚いた。日常的にクルマを運転している人なら、このサイズでもすぐに慣れるだろう。

ホイールベース長い

運転席・助手席の後ろはパネルで覆われているため、デジタルルームミラーで後方視界を確認することになる。ただし、車両に近すぎると死角に入ってしまうため見えにくくなるのは要注意ではあるが……。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS