クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • BMWの熱狂的なファンにチャンス到来! ワークスマシン「3.0CSL」がただいま販売中!! 1.5億円なら即購入できそう!?
CLASSIC
share:
BMWの熱狂的なファンにチャンス到来! ワークスマシン「3.0CSL」がただいま販売中!! 1.5億円なら即購入できそう!?

BMWの熱狂的なファンにチャンス到来! ワークスマシン「3.0CSL」がただいま販売中!! 1.5億円なら即購入できそう!?

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

バットモービルと呼ばれたBMW

2023年8月17日~19日、RMサザビーズがアメリカ・モントレーで開催したオークションにおいてBMW「3.0CSL」が出品された。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

出品車両はオークションでの隠れた主役だった!

モントレー・カーウィークの中でも人気のイベントとして知られる、ラグナセカ・レースウェイでのモータースポーツ・リユニオン。このイベントに代表されるアメリカのスポーツカー・ヴィンテージ・アソシエーションが主催するクラッシックカー・レースに頻繁に姿を現し、2012年にはル・マン・クラッシックにも参加したBMW 3.0CSLが、今回オークションの舞台に導かれることになった。

ちなみにそのS/N:2275997は、BMW自身の製作したワークスマシンであることの何よりの証明。つまりこのモデルを購入することは、BMWのレーシング・ヒストリーの一部を手に入れることに等しいということになる。

BMW 3.0CSL

オーガナイザーのRMサザビーズも当然のことながらそのヒストリーから相当に強気のエスティメート(予想落札価格)を提示してきた。その額は80万ドル〜100万ドル(邦貨換算約1億1600万円〜1億4500万円)。この3.0CSLは、このオークションでの隠れた主役でもあったのだ。

簡単にS/N:2275997のヒストリーを振り返っておこう。そもそも3.0CSLが誕生した背景には、モータースポーツでの戦闘力を強化するという目的があった。1960年代にはコンパクトな2002シリーズを投入し、ツーリングカー選手権で好成績を収めていたBMWだが、その後継車として選択された大型の6気筒モデルは、おもに重量面の問題でなかなかBMWが望む結果を得られずにいた。

そこで左右のドアをアルミニウム製に、またリアウインドウをアクリル製とし、装備を大幅に削減することで約200kgの減量をした3.0CSLが1971年に完成したのである。ちなみにCSLとは、ドイツ語で「クーペ・シュポルト・ライヒトバウ」、軽量なスポーツ・クーペを意味している。

フロントに搭載される直列6気筒エンジンは、生産中に改良が施され、排気量は3003ccから3153ccに、そして最終的にはコンペティション仕様では4バルブ・ユニットを採用した3498ccにまで拡大された。

そして1972年、3.0CSLは「バットモービル」とも形容された大胆なエアロダイナミクスキットを装着し、さらなる進化を果たす。これらの空気抵抗と揚力を大幅に低減するために協力したのがアルピナであったことも知っておきたい。

12

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS