クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • トップチェッカーの17号車「Astemo NSX-GT」がまさかの失格…スーパーGT第6戦SUGOは8号車「ARTA MUGEN NSX-GT」が勝利
SPORT
share:

トップチェッカーの17号車「Astemo NSX-GT」がまさかの失格…スーパーGT第6戦SUGOは8号車「ARTA MUGEN NSX-GT」が勝利

投稿日:

TEXT: 戎井健一郎(EBII Kenichiro/motorsport.com)  PHOTO: 佐藤正勝/GTA

  • アステモのピット作業

  • 優勝した8号車ARTA
  • 8号車のドライバーたち
  • アステモのピット作業
  • ピット作業を行う8号車

レース後に勝者が変わる波乱の結果に

2023年9月17日、スポーツランドSUGOでスーパーGT第6戦の決勝レースが行われ、GT500クラスは8号車ARTA MUGEN NSX-GT(野尻智紀/大湯都史樹)、GT300クラスは52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)が優勝した。

シリーズ終盤戦に向けた大事な1戦

シリーズ第7戦のオートポリスではサクセスウエイトが半減、そして最終戦もてぎは全車追加ウエイトなしのレースとなるため、今回のSUGO戦はサクセスウエイトが通常通り加算される最後のレースとなる。ウエイトの軽いランキング下位のチームにとっては、ここで大量得点してタイトル争いに望みを繋げるチャンスだ。

天候はレースウィークを通してスッキリしないものとなっているが、おおむねドライコンディションで進行。13時30分スタートの決勝レースでも、上空は厚い雲に覆われた。グリッドレベルではごく弱い小雨が確認できたものの、本格的に降り出すことはなくドライ路面でレースがスタートした。周回数は84周、気温は28℃、路面温度は33℃だ。

大クラッシュ発生で長時間の赤旗中断に

今回から全車が2基目のエンジンに突入したGT500クラス。ポールポジションは8号車ARTA MUGEN NSX-GTで、23号車MOTUL AUTECH Z、17号車Astemo NSX-GTがそれに続いた。ポイントリーダーでサクセスウエイト98kgの3号車Niterra MOTUL Zは8番グリッドからのスタートとなった。

ポールの8号車を駆る野尻智紀は、序盤の10周で2番手以下に6秒のギャップを築くと、GT300のトラフィックを処理しながらトップを快走した。一方で前戦ウイナーの僚友16号車ARTA MUGEN NSX-GTは13番手からの追い上げを目指したが、トラブル発生なのか4周でルーティン外のピットイン。コース復帰は果たしたものの、早々にラップダウンとなってしまった。

レース距離3分の1である28周を消化し、ドライバー交代が可能となるタイミングを迎えると、まず真っ先に入ってきたのが中団の混戦の中で戦っていた100号車STANLEY NSX-GTと19号車WedsSport ADVAN GR Supra。その後も各車が続々とルーティンのピットストップを消化した。

トップを走る8号車ARTAは、後続に十分なマージンを保ったまま、32周を終えてピットイン。野尻から大湯都史樹にバトンタッチし、先に入っていた23号車NISMOの前でコースに復帰した。しかし、その次の周にピットインした17号車Astemoは素早い作業でコースに戻り、8号車の前に立って事実上のトップに浮上した。

ピット作業を行う8号車

そんな中で39周目に大きなクラッシュが発生。100号車STANLEYの山本のマシンがホームストレート上で大破しており、レースはセーフティカー出動となり、ほどなくして赤旗中断となった。どうやらGT300クラスの56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rと接触があったようだ。

山本は意識があり、身体に痛みはあるものの手足は動かせる状態とのことだったが、ドクターヘリで病院に搬送されている。その後、「外傷性環軸椎亜脱臼」および「中新世脊髄損傷」と診断され、今後の第7戦と第8戦の欠場が発表された。

>>>国内外の最新レース情報が満載!「motorsport.com」

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS