クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • マクラーレン「P1」が約3億! 新車価格の3倍近くのプレミアがつく正真正銘のコレクターズアイテムになりました
CAR
share:
マクラーレン「P1」が約3億! 新車価格の3倍近くのプレミアがつく正真正銘のコレクターズアイテムになりました

マクラーレン「P1」が約3億! 新車価格の3倍近くのプレミアがつく正真正銘のコレクターズアイテムになりました

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

128台が新車でデリバリーされたアメリカ市場向けの1台

2023年8月17日~19日、RMサザビーズがアメリカ・モントレーで開催したオークションにおいてマクラーレン「P1」が出品された。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

現代の目で見ても一切古さを感じさせないP1

それは長いようで短く感じる10年間だったと思うと、今さらながらに驚きを隠し得ない。スーパーカーのレベルを超えた、いわゆるハイパーカーの世界がここまで大きく進化するとは、はたして10年前に誰が予想しただろうか。その進化の原動力となったのはもちろん電動化である。

ハイパーカーの世界においては、効率を向上させるだけではなく、運動性能の限界も同時にこれまでのレベルから一気に押し上げようとしている。時をほぼ同じくして誕生した「ラ フェラーリ」、ポルシェ「918スパイダー」、そしてマクラーレン「P1」。

それぞれが内燃機関とエレクトリック・モーターの組み合わせから、最大のパフォーマンスを引き出す最善の方法について、微妙に異なる考え方を持っていた。2023年夏、その正式発表からちょうど10年を迎えたマクラーレンP1の姿は、改めてその事実を思い出させるには十分すぎるほどのインパクトを持つものだった。

複数の肉食動物からインスピレーションを得たとされるP1のエクステリアデザインは、現代の目で見ても一切古さを感じさせるものではない。「すべてのデザインは機能に従う」とは、マクラーレンが最も基本とするデザイン哲学だが、さらにその機能を可能なかぎり小さく包み込む「シュリンクド・ラップ」の手法が採り入れられていることで、P1はそれを見た第一印象から優秀なエアロダイナミクスを想像させるハイパーカーに仕上がっている。

その印象は実際にコックピットに収まっても変わることはない。あたかも自分がボディの一部となったような、スムーズな空気の流れに貢献しているかのような満足感を、P1というモデルからは感じ取ることができるのだ。

マクラーレンにとってP1は、会社の新しい分岐点となる瞬間を飾る一台だった。彼らはそのルーツに忠実に、軽量なカーボン製のモノコックタブを開発し、外部のボディワークと主要なキャビン構造もカーボンファイバーによる見事な軽量アッセンブリーで作られている。

12

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS