クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • フェラーリ「F40」が4.9億円! 奇跡の個体はシングルオーナー、走行距離わずか932キロでした
CLASSIC
share:
フェラーリ「F40」が4.9億円! 奇跡の個体はシングルオーナー、走行距離わずか932キロでした

フェラーリ「F40」が4.9億円! 奇跡の個体はシングルオーナー、走行距離わずか932キロでした

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: Courtesy of RM Sotheby's2023

お高めなフェラーリF40って、お安めのF40とどこが違う?

高騰状態が恒常化している昨今の国際クラシックカー市場において、フェラーリ「F40」の相場価格はマーケットの現況と推移を知るためのバロメーターのひとつともいえる。そんな中、2023年8月に開催されたRMサザビーズ「Monterey 2023」オークションに出品された1台のF40は、現在の相場を大きく上回る価格で落札されることになった。

20世紀末を代表する名車、F40をおさらい

1987年のフランクフルト・モーターショーにて発表されたF40は、ル・マンなどのスポーツカー耐久レースに「グループB」として参戦するために開発された「288GTOエヴォルツィオーネ」が起源となった。288GTOエヴォルツィオーネは、かつてのクラシックレースでフェラーリの先達が築いた成功を再現することが期待されたが、グループB規約はWRCでの事故が相次いだため1986年シーズンをもって、終幕を余儀なくされてしまう。しかし、マラネッロのエンジニアたちはこのプロジェクトを断念するのではなく、市販ストラダーレとして続行。かくして創立40周年を記念して発表されたF40は、20世紀を代表する名車のひとつとなった。

F40は、純粋なドライビングプレジャーのために余計なものを一切排除。その精神は同時代の「328GTB」や「テスタロッサ」などよりも、往年の「250GTO」に近いものだった。ダッシュボードのフェイシアはダークグレーの難燃性クロス張りで、コックピットの表面はカーボンファイバーがむき出しのまま。インテリアのドアハンドルはなく、シートは薄い布張りで、初期の生産車両にはポリカーボネート製のスライド式サイドウインドウが設けられた。

F40は、過剰が是であるとされた1980年代に生まれながら、ほとんどマゾヒスティックなまでに簡素な仕立て。しかし「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉がこれほど真実だった時代もないだろう。アルミニウム、カーボンファイバー、ケブラー製パネルで覆われたこのクルマは、2450mmのホイールベースを288GTOから受け継いだが、チューブラースチール製のシャシーはブレースが追加され、以前よりも剛性が増していた。

そしてレオナルド・フィオラヴァンティが手がけた野趣あふれるボディワークは、究極の「ピットレーン・シック」。ピニンファリーナ社の風洞で磨き上げられたボディは軽量で空力効率に優れ、広大なウイングを備えたデザインは、現在でもアイコンとなっている。

そのボディの下でも、F40は公道走行の可能なレーシングカーというテーマを継承していた。288GTO用ユニットをベースに、ドライサンプ式V型8気筒32バルブエンジンは2936ccまで拡大され、IHI社製ツインターボのブーストも0.8バールから1.1バールへと引き上げられた。

フェラーリF40

当然ながら5速マニュアルのトランスアクスルを介して後輪を駆動するティーポ「F120-040」エンジンは、最高出力478psを発揮し、0-100km/h加速は4.1秒だった。また最高速度は324km/hと、この時代における地上最速のクルマとして君臨しながらも、現代のようなドライバーの技量不足を支えるシステムなどは皆無であった。

F40は生産期間中にいくつかの変更が加えられたが、そのほとんどは安全性と排ガスへの懸念によるもの。最も重要な変更点のひとつは、革新的だが時に厄介なトラブルの発生源となることもあったセルフレベリング・サスペンションシステムがオプションで追加され、ドライバーが車高を調整できるようになったこと。そしてもうひとつの変更は、排ガス規制に対応するための触媒コンバーター(Catalyzer)の追加だった。

アジャスタブル・サスペンションと触媒コンバーターを装備していないF40は、英語圏では「Non Cat、Non Adjust」と呼ばれ、ピュアなハンドリングとパワーダウンのないエンジンが、現在のマーケットにおいても高く評価されている。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS