クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • AXCRチャンピオン車両がマツダ「RX-7」と加速対決! ハンド・ドライブ・レーシング・スクールが開催されました
CAR
share:

AXCRチャンピオン車両がマツダ「RX-7」と加速対決! ハンド・ドライブ・レーシング・スクールが開催されました

投稿日:

TEXT: 青山義明(AOYAMA Yoshiaki)  PHOTO: 青山義明

  • 一般社団法人国際スポーツアビリティ協会が主催するHDRS。障がい者も健常者も分け隔てなく行われるレーシングスクールである
  • AXCRに参戦したフォーチュナーを青木拓磨がドライブするのは優勝以来初のこととなった
  • 「パイロンが見えない」とスラロームではパイロンをなぎ倒しまくり
  • サーキットというクローズドの空間を使って、自身の車両の性能をさらに引き出せるドライビングを楽しむ時間となる
  • 青木拓磨選手、そして山田遼選手から具体的にマン・ツー・マンで指導を受けることができる機会となる
  • 障がいがあるからサーキットは無理、ではなく、障がいの有無にかかわらずサーキットも楽しみたい、というマインドチェンジにも貢献している
  • せっかくだから、とトヨタ・フォーチュナーvsマツダRX-7(FD3S)との加速対決が始まった
  • ドライビングレッスンだけでなく、有料で青木選手の横に同乗してコースを体験できる機会もあり、この同乗走行に参加するためだけに来場する参加者も
  • 加速対決の結果は青木拓磨のYoutubeで
  • アジアクロスカントリーラリー2023で総合優勝を果たしたトヨタ・フォーチュナー

次回は11月20日に開催予定

青木拓磨といえば国内ロードレース選手権での大活躍の後、世界最高峰となる2輪ロードレース世界選手権(WGP)に1997年から参戦を開始した伝説のライダーである。フルエントリー参戦2年目となる1998年シーズン開幕直前にGPマシンのテスト中の事故によって脊髄を損傷し、車いす生活を余儀なくされてしまう。その後は4輪に転向し、さまざまなカテゴリーに積極的に参戦を続けてきているドライバーである。

トヨタ フォーチュナーがサーキットに現れる

そんな青木選手が理事長を務める一般社団法人国際スポーツアビリティ協会が主催するHDRS(ハンド・ドライブ・レーシング・スクール)は、千葉県袖ケ浦市にある袖ケ浦フォレストレースウェイで定期的に開催されているスクールである。

その内容は、ハンドドライブでクルマを運転する人のドライビングテクニックの講習という点に注力したものとなっている。障がいを持った人ならではクルマのドライビングの最適なポジションや操作方法を確認し、それに合わせたドライビングをレクチャーするというもの。それぞれの身体および障がいの特性によって、正しい乗車位置というものも変わってくる。

たとえば足で自分の身体を支えることができない脊椎損傷による障がいの場合、症状によっては体幹がなく身体が傾くと態勢を戻せなくなったりしてしまう。横Gが発生する運転の際には、クルマの挙動に対して自身の姿勢を保持できるようシートにしっかりと身体を固定する必要がある。

また旋回操作と加減速の操作を上腕2本で行なわなければならないため、片手運転がメインとなってそれ以外の動作をしなくても良いようにしておかねばならない。そのためのハンドルの位置やシート位置、シートベルト、そして正しい車両の操作について、直接青木選手らから指導してもらえるスクールである。

そのため、最初からサーキットのコースを使用してタイムを計測していくのではなく、まず45分間のスラロームおよびブレーキングの練習の時間が設けられ、その後、休憩を挟み30分×3回のサーキット走行が設定されている。もちろん、タイムアップを狙う人もいるが、いわゆるサーキットでのレーシングスクールとは異なる部分が多い。目を三角にするような走りのスクールではなく、のんびりとしたものとなっているのが特徴だ。障がい者はもちろん、一般健常者も参加が可能。ただ、参加費用は障がい者は健常者に比べて大きく割引されているのも特徴のひとつである。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS